アドセンスポリシー・規約で個人的に注意すべきだった点まとめ

Googleアドセンスのポリシー・規約で、個人的に注意すべきだった…と思った点をまとめておきます。

アドセンスのプロではありませんが、数年ほどアドセンスの運用をしており、
何度かミスや失敗を経験しました。

アドセンスは、知らずに規約違反をして停止される場合があり…
細心の注意を払って運用する必要があります。

規約・ポリシーを熟読する

Googleの公式ページで、アドセンスのポリシー・規約を確認できます。

この決まりを遵守するのがアドセンス運用では必須になるため、熟読しておくのをオススメします。

次の項目では、個人的に特に注意すべきだった点をまとめておきます。

リンク:
AdSense プログラム ポリシー

リンク:
AdSense ポリシー: 初心者向けガイド

リンク:
AdSense コンテンツ ポリシー 禁止コンテンツ

ポイントサイトの紹介

アドセンスを載せたページで、ポイントサイトを紹介するとポリシー違反になります。

アドセンスの公式ページでも言及されています。

ユーザーに報酬を提供することで、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ

引用元:https://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja

ポイントサイトは「ユーザーに報酬を提供することで、サイトの閲覧を促す」に該当します。

このサイトに訪れたら〇円…が規約に抵触します。

たまに、アドセンスとポイントサイトの広告を同じページに載せているサイトを見かけますが…
ポリシー違反のリスクがあります。

レイアウトの崩れ

サイトのレイアウトが崩れて、アドセンスと他のコンテンツが重なると既約違反になります。

1度ポリシー違反を受けましたが、これが原因でした。

(カテゴリー・アーカイブのタブが崩れ、アドセンスと重なっていました。)

ページのさまざまな要素にまぎれてしまい、ユーザーが明確に認識できない状態にすること。

(リンク:https://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja

公式のページでも言及されています。

PCとスマホで、サイトのレイアウトを確認しておくのをオススメします。

その他

その他、気を付けておくべき点を箇条書きで。

・自分でアドセンスをクリック。

・「スポンサーリンク」「広告」以外のラベル表記。

・広告のクリックの誘導。

・アドセンスの近くに、紛らわしい画像を配置する。

規約の変更

アドセンスの規約・ポリシーは、変更される場合があります。

このあたりはGoogleで検索すると出てくるので参考に。