100円で買えるバトル(戦闘)シミュレーターゲーム「Battle Simulator」をプレイしてみた。自由に味方を配置して敵との戦闘を眺めるゲーム。挙動のバグが面白い。

Steamで配信中のゲーム「Battle Simulator」をプレイしたので紹介します。

100円で買えるバトル(戦闘)シミュレーターゲームです。

どんなゲーム?

Battle Simulator 初見プレイ はじめからステージ1~5をプレイ Steamで100円で買える格安のバトル(戦闘)シミュレーターゲーム PC
(初見プレイ動画)

格安のバトル(戦闘)シミュレーターゲームです。

自由に味方を配置し、敵との戦闘を眺めるだけのゲームです。

プレイヤーはコストを払って兵士(斧、槍、弓)を配置し、戦闘開始します。

戦闘開始すると、配置された兵士が敵と自動で戦うので眺めます。

ステージ形式のゲームで、1から順番にステージをクリアします。

操作は、WASDキー/マウスホイール前後/ホイールクリックをホールドで視点を動かします。

たまにキャラクターの挙動にバグが起きて、体が伸びるのがシュールでした。

(上のツイートを参照。)

注意点として、このジャンルのゲームによくあるサンドボックスモードはありません。

(サンドボックスモードは、自由に敵と味方を配置して遊ぶモード。)

キャンペーンモードで、決まった敵に対して自由に味方を配置するだけです。

好きな敵を配置して戦わせる遊びはできないので、それが目的の場合は注意。

配信元

Steamで100円で配信中です。

セールで半額の50円で購入しました。