PS4版バイオショックをプレイしてみた感想・レビュー

 

バイオショック(BIOSHOCK)をプレイしてみた感想・レビューをメモ。

(※PS4のバイオショック コレクションをプレイ。PS3版は未プレイ)

 

 

・ストーリー(序盤をざっくり)

乗っていた飛行機が墜落し、主人公は海に漂流した状態でスタート。

泳いで進むと、大きな建物があるので入ると…。

サバイバル&ホラーで、武器と特殊能力を駆使して生き延びる…というお話。

 

・感想、レビュー

作風はサバイバル要素とホラー要素、グロテスク要素が含まれています。

難易度は複数あり、ゲームが苦手な人でもイージーならクリアしやすいはずです。

(ある程度、初心者向けの配慮がある)

雰囲気はサイコブレイクとFalloutを足して2で割ったような印象。

視点は一人称。

武器はレンチなどの近接武器、リボルバーなどの銃、手からの電撃など。

(ストーリーを進めると炎や物体を浮かせて攻撃したり、マシンガンやショットガンも入手可能。)

画質やUIは最近のPS4のゲームと比較するとやや見劣りする印象。

(元々はPS3のゲームなので、仕方ないですが。)

 

・プレイ動画

序盤のストーリーのプレイ動画です。

PS4のバイオショックコレクション、PS4の録画機能で撮影。

 

バイオショック コレクション – PS4

中古価格
¥4,300から
(2018/6/22 15:44時点)

バイオショック – PS3

中古価格
¥380から
(2018/6/22 15:44時点)

BioShock 2(バイオショック 2)【CEROレーティング「Z」】 – PS3

中古価格
¥500から
(2018/6/22 15:45時点)

Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット) – PS3

中古価格
¥1から
(2018/6/22 15:45時点)







 

スポンサーリンク