PS4 Blackguards2をプレイしてみた。ターン制シミュレーションPPG。評価・感想・レビュー

PS4 Blackguards2(ブラックガード2、ブラックガーズ2)をプレイしてみました。

前作は遊んでおらず、本作がシリーズ初プレイです。

PS4 ブラックガード2をプレイしてみた Blackguards2をプレイしてみた PS4からブロードキャスト
(管理人のゲームプレイ動画)

ターン制シミュレーション×タクティクス

戦闘は、ターン制のシミュレーション×タクティクス形式です。

マス目のあるマップで、移動・攻撃・ギミックの作動などのアクションを行います。

移動して攻撃する単純な戦闘ではなく、戦略性や謎解き、ギミックの活用が求められます。

(レバーを作動させて扉を開ける、ターンを終えて罠が終わるのを待つ、タルを壊して道を解放する…など。)

スキル・育成要素

このゲームの特徴として、細かい育成要素があります。

キャラクターシートと呼ばれる画面で、APを使って武器技能・能力・魔力・特殊技能の育成が可能です。

(いわゆるステ振りやスキル振りのようなものです。)

武器技能は、斧やメイス、両手武器など、武器に関するステータス。

能力は、気力、知覚、肉体制御など、いわゆるステ振りに近い要素(?)

魔法は、攻撃、防御、強化、弱体化の魔法を習得できます。

残酷な物語のターン制ストラテジー、『ブラックガード2』がPS4®で発売

「ブラックガード2」は、暴力や犯罪で綴られた重いストーリーのターン制戦略RPG。
あなたは貴族の女性である「カッシア」になって、自分に濡れ衣を被せすべてを奪った夫に復讐を誓う。
悪名高いブラックガードと協力して傭兵を募集し、強力な軍隊を組織して、復讐の準備をしよう。



絶望から始まるストーリー

ウリア伯爵の陰謀から三年が過ぎた。ナインホードの征服者たちは長い間に分裂されていたが、逆にアヴェンチュリアの世界は平穏だった。

ここに高貴で若い女がいる。彼女の名は「カッシア」。カッシアの目標はただ一つ。それは、なんとしても王位を手に入れることだった。

だが、この目標を達成するには色んな問題もあった。まず、彼女は現在ダンジョンの監獄に閉じ込められている立場だと言うこと。次に、彼女の王位にはマーワンと言う男が既に存在していたこと。

彼女は外交や政治的な行動より、もっと現実的な方法を選択した。それは、ダンジョンの監獄から脱獄しマーワンを転覆させ、王位を手に入れると言う方法だった。そのためには、強い味方が必要であり、傭兵とナインホードの征服者たちの力を借りる必要があった。

彼女の野望が達成できることなのか。ダンジョンの壁を乗り越えることや、傭兵を集めて力を借りることはいかに無謀であろうか。

これは、すべてを一晩で失った女性の復讐の物語である。



ゲームの特徴

・自分の軍隊を募集し、成長させることができる。
・戦闘マップはあなたの戦略に沿って、リアルタイムに変化する。
・この物語は、あなたの選択により、カッシアが血に染まった復讐者になるのか、徳の高い君主になるのかを決定する。

引用元:https://www.jp.playstation.com/games/blackguards-2-ps4/

定価は約4,000円とやや高いため、セールのときに買うのがオススメです。

余談ですが、PSstoreの東京ゲームショウ2019のセールで、600円ほどで購入できました。

特にPSstoreのインディーズゲームは、セールのときにかなり安くなります。