ドメイン取得・ブログ・サイトを作る時に知っておけば良かった…と後悔したこと【ブログ運営】

 

ブログ、サイトを作る時に知っておけば良かった…と後悔したことをメモ。

WordPress歴は1年以上。ドメインは複数回購入経験あり。

 

 

・ドメイン取得時

・更新料

ドメインは取得時の値段だけでなくドメイン更新時の値段も調べる。

ドメイン取得時の値段が激安でも、更新時の値段が高いドメインがよくあるので注意。

取得時のドメインが異常なほど安い(50円、100円)は特に注意すべき。

 

・日本語ドメイン

変換の例

日本語ドメインは非推奨

検索時の表示で日本語が浮いて見える(良く言うと目立つ)。

英語に変換すると文字の羅列になり、URLが長くなりがち

日本語と英語の変換(Punycode)の作業が面倒。

シンプルで分かりやすい英語のドメインを推奨。

 

・ペナルティ

取得するドメインは新規、中古に限らずペナルティの確認を行う。

Wayback Machineで過去の運用歴を調べる、購入後にGoogleのサーチコンソールの「手動による対策」を確認する。

 

・Whois情報代行

ドメイン取得時は「Whois情報代行」の設定を行う。

設定し忘れると、Whois情報(ドメインの管理人の個人情報)が公開されてしまう。

ドメイン会社によってはWhois情報代行が有料だったり、チェックを入れ忘れると毎年更新料を取られる場合がある。

 

・ブログ、サイト作成時

・パーマリンク

パーマリンクは記事のURLの後ろの部分のこと。

当記事なら「https://www.gamegoldbase.com/blog-beginner/」のblog-beginnerの部分。

はじめの内にパーマリンクを設定しておくのを推奨。

後からパーマリンクを変更すると、リダイレクトやリンクの修正作業が必要になる。

何百記事、何千記事もあるサイトだと、後から修正するのは面倒。

blog-beginner

blog-beginner

設定→パーマリンク設定から変更できる。

初期設定は日付が含まれていてURLが長くなる。

投稿名なら自分で好きなパーマリンクを設定でき、URLをシンプルなものにできる。

 

・メディア

メディアにアップロードする画像のサイズを設定できる。

blog-beginner

blog-beginner

初期設定だとサムネイル・中サイズ・大サイズのすべてに数字が入力されている。

初期設定のままだと画像1枚で複数の画像が生成される状態。

自分でサイズを調整するなら数値をすべて0にする。

 

・お問い合わせ

サイトにお問い合わせフォームを設置する。

広告掲載の依頼やクローズドASPの勧誘がお問い合わせフォームから届くことがある。

blog-beginner

 

実際に届いた掲載依頼。

お問い合わせ先がないと、依頼を取り逃してしまう。

blog-beginner

お問い合わせフォームはプラグインの「 Contact Form 7」を使うと簡単に設置できる。

 

・コメント

コメントの可否を設定できる。

後からでも変更できるが、はじめの内に設定しておくのを推奨。

blog-beginner

blog-beginner

設定→ディスカッション→新しい投稿へのコメントを許可するのチェックを外す。

 

・https化

https化は早めに設定しておくのを推奨。

後からでも可能だが、画像やリンクの手直しが面倒。

https化は契約中のサーバーの手順に従う。

blog-beginner

XサーバーならサーバーパネルからSSL設定でhttps化が可能。

 

・参考リンク

エックスサーバー

 

・Google設定

ブログ、サイト運営に必須のGoogle設定。

アドセンスの申請、アナリティクスとサーチコンソールの登録は早めに行う。

アドセンスは審査があり、適度に記事を更新してから申し込むと良い。

アナリティクスとサーチコンソールはドメインさえあれば登録できる。

 

・注意事項

Googleのプライバシーポリシー、ASPの免責事項等を掲載。

文章はテンプレ化されているので調べると出てくるはず。







 

スポンサーリンク