書道シミュレーターゲーム「毛笔模拟器 / Chinese Brush Simulator」をプレイしてみた。リアルな書道を体験できるゲーム。

Steamで配信中のゲーム「毛笔模拟器 / Chinese Brush Simulator」をプレイしたので紹介します。

どんなゲーム?

リアルな書道を体験できるシミュレーターゲームです。

筆で紙に自由に文字を書く、バーチャル書道で遊べます。

実際の書道と同じように、硯(すずり)に水を入れたり、墨を水に溶かして墨汁を準備したりします。

操作は基本的にマウスを使用します。

マウスで筆を動かしたり、クリックで筆圧を変えられます。

書道のゲームですが、絶対に文字を書く必要はありません。

変な絵を書いたり、落書きしたり、自由に遊べます。

書いた絵や文字は画像として保存したり、読み込んだりできます。

また、部屋の掛け軸に作品を飾って眺められます。

遊び方

毛笔模拟器 Chinese Brush Simulator 初見プレイ 書道シミュレーター 書道ができるゲーム PC Steam
(初見プレイ動画)

F1キーを押すと操作と手順が表示されるので、それに従います。

はじめにFキーで視点を左に動かし、紙を持って机に広げます。

次に、机の右にある水差しで、硯に水を入れます。

水を入れたら、墨を持って硯に入れて動かし、墨汁を作ります。

墨汁を作ったら、筆を墨汁に浸けて紙に文字を書きます。

この時に、筆を水に浸けたり、紙に水を吸わせて、筆の濃さを変えられます。

配信元

Steamで100円で配信中です。

セールで40%オフの60円で購入しました。

セールの時は安く買えるのでお得です。