プレマスが解説するTDMの立ち回り・意識すべきこと【CoD:BO3】

 

CoD:BO3

TDMの立ち回り・意識すべきことをメモ。

 

 

・はじめに

当記事のカスタムはTDM(チームデスマッチ)でのプレイを想定して書きました。

ドミネーション、S&Dでは立ち回りは変わってくる…かもしれません。

(TDM以外ほとんどプレイしていない。)

一応、プレマスの120までやり込みましたが、腕は中級者~上級者程度です。

プロのような細かい解説はできないので悪しからず。

 

・TDMの立ち回り、意識すべきこと

・倒されない、K/D1.o越え

TDMは倒した数を競い、先に倒した数が100に達したほうが勝利(昔は75でした)。

つまり、TDMでは無駄に相手にデスを献上すればするほど勝利が遠のきます。

「倒されないように徹底的に芋れ!」という訳ではないですが、不用意な突っ込みや無理な立ち回りは避ける。

序盤ならKNとKudaを使えば十分キルが奪えるぐらい強いのでおすすめ。

味方と一緒に立ち回り、お互いをカバーしあうように立ち回ると倒されにくくなり、倒されてもカバーしあえる。

 

・スコストの活用

TDMは慣れない限り、倒されずに連続でキルし続けるのは難しいです。

スコアストリークは軽めなもの(UAV、ケアパッケージなど)がおすすめ。

ケアパッケージをPERKのエンジニアで中身を変えて、強いものを呼ぶのがおすすめ。

HC-XDは低スコストかつ、フラジャケや爆破前に壊されない限りほぼ確定でキルが奪えるのでおすすめ。

 

・下手なら対空

キルできない、うまく立ち回れないなら…せめて対空で味方を援護する。

初期でもランチャーのXMは使えるので、サブウェポンの欄で装備する。

敵のUAV・CUAV等の航空機をロックオンして落とすだけ。

敵のケアパッケージは落とすとスコアを稼げるが、必ずしも落とす必要はない。

PERKのアンテアップと対空で稼げるスコアを組み合わせて、自分のスコストを呼ぶ戦術もあり。

 

・ジャンプ、スライディングの活用

BO3はジャンプ、スライディングの活用(特にジャンプ)が必須。

PS4版はバンパージャンパーなどのジャンプボタンを変更できる操作方法があるので試してみるのを推奨。

ジャンプしながらエイムして敵を撃てるようになるまで練習する。

スライディングは敵がいそうな場所に突っ込むのに使ったり、落ちる前にスライディングして大きく前にジャンプするのにも使う。

 

・参考記事

TDMのプレイに役立つ記事を掲載しておきます。

 

・武器選び

 

 

・スペシャリスト、スコスト選び

 

・パーク選び

 

・アタッチメント、サイト選び

 

・カスタム

 

 

 

 

 

 

 

・その他

 

 

 







 

スポンサーリンク