デッドバイデイライトはどんなゲーム? 実際に遊んで解説【Dead by Daylight/DbD】

 

デッドバイデイライトはどんなゲームなのか、実際に遊んだ上で解説してみます。

買おうか迷っているけど、そもそもどんなゲームか分からない…という方は参考にしてみて下さい。

 

・どんなゲーム?

脱出を目指すサバイバーと、それを阻止するキラーの駆け引きを楽しむゲームです。

サバイバーは、5つの機械を作動させ、門を開放し、逃げるのが目標です。

キラーは、サバイバーを捕まえて、脱出を阻止するのが目標です。

サバイバーは4人、キラーは1人の人数非対称オンライン対戦が楽しめるゲームです。

 

・サバイバー

サバイバーは、足の速い者や回復に特化した者など種類がいくつかあります。

また、パークを装備させて、自分好みにカスタマイズできる仕様です。

 

(リンク:https://youtu.be/0HypwCHTom0

 

(前項でも書きましたが)サバイバーは、5つの機械を作動させ、門を開放し、逃げるのが目標です。

キラーが近くに来ると心拍が聞こえ、見つかると追いかけられます。

この心拍を上手く聞いて、機械の修理をやめたり、場所を変えたり、隠れたり…状況判断をする必要があります。

見つかってキラーに追いかけられても、板を倒したりして逃げ切ることも可能です。

また、1度捕まったら即終了ではなく、フックに吊るされたのを味方が助けてくれると復活できます。

(フックから自力で脱出する方法もありますが…。)

 

・キラー

キラーも、罠を仕掛けられる者や透明になれる者など種類がいくつかあります。

サバイバーと同じように、パークを装備してカスタマイズできます。

 

(リンク:https://youtu.be/ZP2ekv_r_3o

 

キラーは、4人のサバイバーを全滅させ、脱出を阻止するのが目標です。

キラーの画面は、一人称視点です(FPSゲームのような視点)。

サバイバーを攻撃して捕まえ、フックの前に持って行くと吊るせます。

サバイバーを見つけ、攻撃して捕まえ、フックに吊るす…このような流れでサバイバーを倒していきます。

 

キラーとサバイバーの両方に言えますが、相手がどのような動きをするか予測する楽しさがあります。

心理戦や鬼ごっこ系のゲームが好きなら、楽しめるかもしれません。