ディビジョン2 フリープレイウィークエンドが来たのでプレイしてみた。感想・レビュー

スポンサーリンク

2019年6月に、ディビジョン2(Division2)のフリープレイウィークエンドが行われました。

ディビジョン2の本編を、期間限定で無料でプレイできました。

参考:
『ディビジョン2』 フリーウィークエンド – UBISOFT

前作の「ディビジョン」はプレイ済みですが、ストーリーをそこそこやり込んだぐらいです。

ゲーム開始

ゲーム開始後、キャラクターの作成を行います。

前作でもキャラクリはできましたが、今作でも楽しめます。

肌の色、目の色、髪型、服装、サングラス、フェイスペイントなど…細部まで変更できます。

結局、メガネ&ヒゲのよく分からないキャラに仕上がりました…。

キャラ作成後、少し戦闘を挟み、拠点に到着します。

拠点のホワイトハウスでのイベント後、自由に出歩けるようになります。

ミッションに挑戦

右も左も分からないので、とりあえずミッションに挑戦してみることに。

「ディビジョン」シリーズは、3人称視点シューティングです。

カバーアクションとローリングで回避しながら、敵に攻撃します。

PS4だと、銃のリコイルが難しい…。

レベルを上げてスキルを解放すると、特殊なガジェットを使用できます。

転がる爆弾や追尾ドローンなど、ユニークなガジェットを使えます。

前作もガジェットはありましたが、今作の方が種類が豊富(?)な印象でした。

ミッションを進め、ボスを撃破。

体力が黄色で、他の敵より耐久力があります。

前作もボスを倒すのにすごく苦労した記憶があります…。

ボスが緑色のアイテムを落としたので回収。

基本的に、ディビジョンは、

敵を倒す、ミッションをクリア

強い武器や防具を手に入れる

より強い敵、ミッションに挑む…

この流れをくり返し、行動範囲を広げ、武器や防具をどんどん強くします。

このあたりは、育成ゲームやハック&スラッシュが好みなら楽しめるはずです。

結局、無料プレイ期間中に、少ししか進められませんでしたが…
前作をブラッシュアップさせた良作でした。

あと、前作よりグラフィックが綺麗になり、細部まで表現された印象でした。

その他
スポンサーリンク
フォロー
GGB
タイトルとURLをコピーしました