【R6S】ドクの立ち回りを解説。ドクは初心者にオススメ!



スポンサーリンク



 

こんにちは。

今回はレインボーシックス シージ(R6S)のオペレーター「ドク」の立ち回りを解説します。

 

 

・ドクは強い

ドク強いですね。

私は防衛側なら使用率2位です。(1位はルーク)

プレイ時間は約15時間、キルデスは1.25、勝敗比は1を割ってますが。

 

ドクが強い理由&初心者にオススメできる理由を挙げると…

・武器のMP5が使いやすい

・アーマー3なので撃ち合いに強い

・味方を回復できるので援護になる

・撃ち合いでダメージを受けても、自分で回復できる

ですね。

 

・ドクとは?

GIGNのオペレーターのひとり。

スピード1 アーマー3。

固有スキルは「スティムピストル」

自分と味方を回復できるピストル。

負傷状態の味方を起こしたり、HPを100以上にするブーストとして使える。

 

・ドクの武器

MP5とハンドガン、有刺鉄線がオススメ。

サイトはお好みで。私はA-COGを愛用してます。

P90、ショットガン、マグナムは使いにくさが目立つ。

P90は装弾数が多いが、低威力。ヘッドショットを狙える自信があるならアリかもしれないが…。

ショットガンは、威力が高いが連射速度が遅い。マグナムは反動が大きく、当てるのが難しい。

 

・ドクの立ち回り

開幕後すぐに、補強をするか有刺鉄線を置こう。

後は、ドローンを破壊するか、早めにリスキルの準備をする(足が遅いので、リスキルのポイントに行くのに時間がかかる。)

アクションフェーズでは、味方の回復に行ってもいいし、エリアに籠ってもいい。

リスキルはハイリスクハイリターンなので、初心者のときはオススメしない。

ドクでいちばん大事なのは、死なないことかもしれない。

死ぬと味方を回復できないので、防衛の防御力が落ちますからね。

慣れてくれば、ドクで積極的にリスキルや飛び出しでキルを奪って、自分でHPを回復するスタイルも可能です。

強い人がドクを使うと、ダメージを与えても回復して再び飛び出してくるから強いんですよね…。

 

・ドクとルークの組み合わせ

ドクは、同じGIGNのオペレーター「ルーク」と組み合わせると強いです。

ルークのアーマー着用時は、ヘッドショット以外の攻撃を受けても即死せず、負傷状態になります

ドクなら負傷状態の味方を速攻で回復できるので相乗効果がありますね。

アーマー3+ルークのアーマーなので、防御力の底上げになりますし、撃ち合いに負けにくくなります。







 

スポンサーリンク