戦闘機バトロワ「DogFighterWW2」をプレイしてみた感想・レビュー。珍しい乗り物系バトロワだけど人が少ない?

PS4のDogFightWW2(ドッグファイトWW2)をプレイしてみました。

基本料無料の戦闘機を使ったバトロワ系ゲームです。

乗り物を主体としたバトロワは珍しい(?)印象で、
無料なので遊んでみると良いかもしれません。

どんなゲーム?

基本料無料の、戦闘機を使ったバトロワ系ゲームです。

PS4 ドッグファイターWW2 ゲームプレイ DogFighterWW2 Game Play PS4からブロードキャスト

基本的なシステムは、他のバトロワと同じで、縮まるエリアの中で生き残るのが目標です。

最大の特徴は、プレイヤー全員が戦闘機を使用する点です。

戦闘機には武器が搭載されており、敵を追いかけて攻撃します。

逆に、攻撃された時は旋回アクションで回避したり、ブーストで逃げたりできます。

空中にある物資を拾ったり、燃料に注意しながら最後の1人を目指します。

ちなみに、日本の戦闘機の零戦(上記動画のサムネ)を使用することもできます。

過疎?

チュートリアルを終え、何度かオンラインプレイをしてみましたが…

過疎のためかプレイヤーが少なく、ゲームが少人数でスタートします。

3人でスタートし、はじめに1人が倒されて、序盤で残りプレイヤー2人…なんてことも。

人が少ないので戦いが起きにくく、試合中は移動や敵を探している時間がほどんどでした。

無料

人の少なさや試合人数の問題など、気になる点はありますが…

基本料無料で誰でも遊べるので、気になる方は触ってみると良いと思います。

現在(2019年7月)は、PSstoreでも無料配信されており、PS4でもプレイできます。