ウィングダイバーの立ち回り・コツ・おすすめ武器【地球防衛軍4.1】

スポンサーリンク

 

地球防衛軍4.1のウィングダイバーの立ち回り・コツをメモ。

他のシリーズでも応用できるかも。

(地球防衛軍2では一部使えた。)

 

 

・ウィングダイバー立ち回り、コツ

解説の前にウィングダイバーの概要。

・HPの上昇速度がいちばん遅い

・近距離~中距離の火力は高い

・他兵科より遠距離の攻撃手段が乏しい

・エネルギーの管理が必要

・アイテム回収に役立つ

・高所に登れる

 

 

・おすすめの武器

edf-4-wing-diver

サンダーボウ・レイピアがあればどこでも(それなりに)戦える。

EASY~HARDESTまでなら十分。INFからは戦略が必要。

遠距離武器が必要な場合は、どちらかをスナイパーに入れ替える。

edf-4-wing-diver

空中に撃った時

edf-4-wing-diver

地面に撃った時

サンダーボウは空中に撃つと拡散してしまう。

地面に反射させると弾がまとまって飛んでいく。

アリなどの地上の敵を攻撃するのに役立つ。

edf-4-wing-diver

レイピアは「スラスト」系がおすすめ

前方に集中しているので、撃ち漏らしが少なく火力が出やすい。

逆に拡散の激しいレイピアは非推奨

当てやすいが、目の前まで近づかないと最大火力を出せない。

 

 

・あえてエネルギー切れになる

edf-4-wing-diver

エネルギー切れになると飛べなくなり、武器へのエネルギーの補充が不可能になる。

エネルギー切れ中はエネルギーの回復速度が上がり、満タンまで高速回復できる。

つまり、あえれエネルギー切れをして回復をするのも戦略のひとつ。

武器へのエネルギーの補充は不可能だが、エネルギー充済みの武器はエネルギー切れでも戦える。

先ほど紹介したレイピア・サンダーボウを補充済みにしてからエネルギー切れにすると良い。

逆に、プラズマランチャー・イクシオンなど1発1発補充が必要な武器はエネルギー切れ中は使い物にならない

 

 

・飛び方のコツ

ジャンプボタンを押して飛び続けるのはエネルギーの消費が激しい

任意の方向にスティックを倒しながらジャンプボタンを数秒押して離す…を繰り返すのがおすすめ。

ジャンプした時の勢いで進むのでエネルギーの節約になる。

飛び続けるのは高い場所に登る時以外は使わない。

 

 

・引き撃ち

ウィングダイバーは撃たれ弱いので移動しながら戦う。

「飛び方のコツ」で書いた移動方法を使いながら戦う。

敵が素早いなら後ろに小さいジャンプをくり返しながら攻撃

余裕があるならエネルギー切れで回復して武器をリロード。

 

 

 

スポンサーリンク





地球防衛軍4.1/Earth Defense Force 4.1/EDF4.1
スポンサーリンク
Game Gold Base
タイトルとURLをコピーしました