ダークソウルな1人称視点アクション「ELDERBORN」をプレイしてみた。主観視点の近接武器で戦うダークソウルっぽいゲーム

Steamのゲーム「ELDERBORN」の体験版をプレイしたので紹介します。

ダークソウルに似た要素を含んだ1人称視点のアクションゲームです。

どんなゲーム?

近接武器で戦う1人称視点のアクションゲームです。

「ダークソウル」シリーズを彷彿とさせる要素を含んだゲームでした。

(序盤のマップでガイコツと戦う)

戦闘は、パリィ・ガード・強攻撃と弱攻撃・ガード崩しの蹴りなどダークソウルなアクションを使えます。

ダークソウルの篝火は、本作では泉(Fountain)です。

泉では、ステータス振りと体力を回復できますが、倒した敵が再出現します。

ダークソウルのエスト瓶は、本作では注射器っぽいアイテムです。

エスト瓶と同じく、回数制限のある回復アイテムです。

ダークソウルのソウルは、本作ではエッセンス(Essence)です。

体力の下がエッセンスのゲージ。レベルアップの進捗が分かります。

レベルアップすると泉でステータス振りができます。

ELDERBORN 前編 1人称視点のダークソウルっぽいゲーム FPS視点の近接武器で戦うゲーム PC Steam
(プレイ動画)

はじめからのプレイ動画。

ゲーム開始時にキャラクター選択。

男性か女性を選びます。

ダークソウルと違うのは、難易度(Normal、Hard、Elderborn)を選べる点です。

難易度は設定から変えられます。

ELDERBORN 後編 扉を開けて新しい武器を入手するもDemo終了
(新武器を入手)

はじめは剣しか使えませんが、進めると新しい武器を入手できます。

プレイした体験版では、槍のような武器を入手したところで終了。

体験版は無料ですが、何らかの制限があって途中で終了するようです。

Steam

Steamで1,520円で配信中です。

体験版は無料です。