PS4 Fast Strikerをプレイしてみた。レトロな縦スクロールシューティング。評価・感想・レビュー

PS4 Fast Striker(ファスト ストライカー)をプレイしてみました。

PS4 Fast Strikerをプレイしてみた ファストストライカーをプレイしてみた PS4からブロードキャスト
(管理人のゲームプレイ動画)

どんなゲーム?

レトロな雰囲気の縦スクロールのシューティングゲームです。

ステージ形式のゲームで、ボスを倒して全ステージクリアを目指します。

操作は、×ボタンで前方ショット、☐ボタンで後方ショット、〇ボタンでシールドです。

(※初期設定の場合)

☐ボタンの後方ショット(Rear Shot)は、後ろに向かって撃つ攻撃です。

前に回避してから、後方ショットで攻撃するなど、後方ショットを活かしたアクションができます。

〇ボタンのシールド(Strike Shield)は、敵の攻撃を防ぐシールドを展開できます。

使用回数に制限があり、水色のアイテムを拾うと使用回数が増えます。

後方ショットやシールドなどの独自のアクションが特徴的なシューティングゲームでした。

設定

ゲームの難易度は、Novice、Original、Maniac、Omakeから選択できます。

設定では、ボタン配置を自由に変更したり、画面を縦や横に伸ばしたりできます。

初期設定ではゲームの画面が小さいですが、Scale X と Scale Yを変更するとフルスクリーンで遊べます。

『Fast Striker』は高速2D縦スクロールシューティングゲーム!

緻密に設計されたスコアシステムと毎秒60フレームのゴージャスなグラフィックを備えたこのゲームでは、プレイヤーは6つのエキサイティングなステージを突破し、印象的なボスと40種類以上のユニークな敵と戦っていくことになる。



4つのユニークなゲームモードをサポート!

『Fast Striker』はエキスパートだけでなく、シューティングゲームが好きな初心者にもすぐに楽しめるようになっている。Noviceゲームモードは敵と弾のパターンについて学ぶのに最適なエントリーレベルとなっている。Original、ManiacおよびOmakeゲームモードはそれぞれ様々なプレイヤーの種別に応じてバランス調整されている。より高難度のモードというだけでなく、それぞれに独自のスペースシップとスコアリングシステムが実装されている。



さらに画面および操作設定も変更可能!

プレイヤーの好みに応じてゲームをカスタマイズしよう。すべてのボタンは再マッピングが可能で、画面設定は走査線の変更やスクリーンスケーリングにも対応している。



PS4 & PS Vita対応クロスバイ

『Fast Striker』は非常にお手頃な価格になっている。クロスバイ対応により、1本分の値段で2つのプラットフォームでゲームを楽しむことができる。

引用元:https://www.jp.playstation.com/games/fast-striker-ps4/

余談ですが、2019東京ゲームショウのPSstoreセールで、400円ほどで購入できました。

PSstoreでインディーズゲームを購入される場合は、セールのときに買うのがオススメです。