スクワッド初心者が意識すべきこと・立ち回り解説【Fortnite/フォートナイト】



スポンサーリンク



 

Fortnite Battle Royale

フォートナイト バトルロイヤル

スクワッド初心者向けの立ち回りを基礎・基本から分かりやすく解説。

メイン垢の戦績。

スクワッドは60時間以上プレイ。

80回以上優勝し、マッチ回数は1,400を超えました。

基本的に野良でプレイ。

 

 

・マーカーを使う、単独で飛び降りない

ロビー画面からマップにマーキング可能。ゲーム開始前にマーキングしておくのもあり。

自分が飛び降りる場所を早めにマップ上にマークしておく。

もしくは、味方がマークしていないか確認する。

スクワッドは基本的に同じ場所に4人降りて、カバーしあうのが基本。

マーカーを押さずに飛び降りて味方を困惑させたり、単独で別の場所に降りるのは避ける(特別な理由がない限りは)。

味方とマーカーの場所が分かれて、降りる場所が決まらないなら譲り合って1か所に絞る。

野良でよくスクワッドをやりますが、いきなり単独で降りる人が結構います。

 

・序盤の立ち回り

4人で固まって降りたら、真っ先に武器を回収する。

余力があればシールドを飲む、ショットガンを探す。

スクワッドは味方を序盤で失うと、後々辛くなってくるので4人全員が序盤を切り抜けるのを意識する。

飛び降りてすぐに強い武器(ショットガンなど)を拾えたら、倒されそうな味方のカバーに行く。

1人欠けて、3人ならまだしも、生き残りが2人、1人だと後半がかなりキツいです。

 

・味方への報告

スクワッド通信の「!」で敵を報告する。

VCやパーティーを組んでるなら別ですが、野良なら敵がいる報告は小まめにしましょう。

VCがなくても、「!」のスクワッド通信で敵がいると伝えられます。

PS4なら十字キー右からスクワッド通信を選択できる。

 

・単独で突っ込みすぎない

敵が残り少ない場合を除き、単独で敵スクワッドに乗り込むのは無謀。

敵に突っ込むタイミングは、敵をダウンさせて数的有利を作った場合や敵の残りの体力が少ないと分かった時。

単独で突っ込んで倒されて、人数が欠けて数的不利になるのを避ける。

 

・カバーを意識

味方がダウンしたら、敵が来ない限りすぐに蘇生してあげる。

味方が撃ち合ってるなら助けてあげる。

蘇生している味方とダウンした味方が撃たれないように建築で守ってあげる。

などなど…。

どれだけ上手いプレイヤーでも対複数まで対処できる人は少ないです。

できるだけ、1VS1で撃ち合う状況を減らし、味方が撃ち合ったらすぐに助けてあげるのを意識。

 

・アイテムの共有

味方のシールド、体力、弾、建築素材が不足しているなら渡してあげる。

もしくは、倒した敵や救援物資を先に漁らせてあげる。

自分がシールドが満タンでシールドポーション持ちなら味方に渡す、自分はロケランを持ってないけどロケット弾があるなら味方に渡す…など。

 

・味方に助けてもらう

敵と撃ち合いになったら、無理に戦わず建築で耐えたり、走って逃げて味方のカバーを求める。

1人で対多数と撃ち合うのは基本的に不利で、勝機は少ない。

 

私が野良でスクワッドをプレイする時に意識していることを文字に起こしてみました。

初心者の方は参考に。

 







 

スポンサーリンク