Amaten(アマテン)でギフト券を売ってみた。注意点や安全性、評価



スポンサーリンク



 

こんにちは。

今回は、ギフト券売買サービスのAmaten(アマテン)でギフト券を売ってみたので記事にしてみます。

アマテンの注意点や安全性、評価、評判を実際に売ってみた私が書いてみます。

これから利用する方は参考にどうぞ。

 

 

・本人確認が必要!

アマテンの会員登録は、特に本人確認は必要ありませんでした。

ギフト券を買うときにも本人確認は特に求められませんでした。

しかし、ギフト券を売却する側になると本人確認が必須になります。

本人確認に使えるものは「運転免許所」「パスポート」「健康保険所」「住民基本台帳カード」など。

現時点(2017年10月時点)では、マイナンバーカードは非対応なので注意しましょう。

運転免許証を認証に使う場合は、両面を撮影する必要があります。

本人確認の画像をアマテンに送信しました。

認証は、1営業日以内に完了するとのこと。

 

・実際に売ってみた

本人確認書類の提出が完了しました。

いきなり高額のカードを売るのは気が引けるので、500円分のAmazonギフト券を売ってみました。

500円のギフトカードを460円で出品しました。

他の最安値が470円だったので、さらに安く設定しました。

すぐにアマテンから出品完了メールが届きました。

落札されるかどうか、しばらく待ってみました。

すぐにアマテンから取引完了のメールが届きました。

安い額のギフトカードだったのが良かったのか…出品から1分で買い取られました

念のため、ちゃんとお金が振り込まれているか確認してみました。

アマテンにログインしてチャージ金額を確認。

ちゃんと出品したときに指定した「460円」がチャージされてました

額面より割安ですが、使わないギフト券を現金化できました。

ただし、出金に手数料が必要(449円)なので、少額のギフトカードの出品はあまりお得ではありません

 

・安全性は?

公式サイトに安全性についての説明が明記されています。

私が説明するよりも正確なので引用しておきます。

代金とギフト券番号の受渡しをamatenが仲立ちすることで、詐欺や取引トラブルを未然に防止します。
ギフト券番号が読み取れなかった場合でも、ギフト券番号購入から30分以内かつ確定ボタンをクリックせずに エラー報告フォームより報告していただければ、出品者への代金の支払いを保留します。
出品者、購入者により、ギフト券番号の有効性を確認いただきます。

なお、購入後から30分経過または確定ボタンをクリックされた後はいかなる場合でも、成立した取引を取り消すことはできません。

Amaten – 安心安全な取引についてから引用

オークションの直接取引なら、買い手が「読み取れなかった」とウソをつくリスクがあります。

個人と個人のやり取りなので、何かトラブルが起きたときに面倒になります。

アマテンは、売り手と買い手の仲介役です。

万が一、買い手が「読み取れない!」と言ったら、ギフト券の有効性を確認する機会を作ってくれます

 

・手数料は?

出品手数料が1.99%です。(取引成立した場合のみ)

出金にかかる手数料が499円です。

まぁまぁ手数料高いですね…。

安全に取引できる代償として仕方ないのですが。

 

・メリット

アマテンを利用するメリットは、使わないギフト券を処分できる点ですね。

ギフト券の額面価格より割安な買取になってしまいますが、制約のあるギフト券より現金が欲しいという方は使うメリットがあるはずです。

 

・公式サイト

amaten – アマテン







 

スポンサーリンク