ヤギが戦うバカゲーFPS「GOAT OF DUTY」をプレイしてみた。カオスな「Call of Duty」オマージュFPS

スポンサーリンク

FPSゲーム「Goat of Duty」をプレイしてみました。

2020年3月にSteamで期間限定で100%オフ(無料)で配信されました。

参考:
メェ~作FPS『GOAT OF DUTY』海外時間3月31日までSteam無料配布! 一度ライブラリに追加すれば期間後もプレイ可能 – Game Spark

どんなゲーム?

Goat of Duty マルチプレイPvPを初見プレイ ヤギが戦うカオスなバカゲーFPS Goat Simulatorな対戦シューティングゲーム PC Steam
(管理人のゲームプレイ動画)

ヤギ同士が戦う、カオスでバカゲーなオンラインFPSです。

Call of Dutyを意識したと思われるネーミングです。

武器や回復は特定の場所にスポーンする仕様。

スポーンする武器は、火炎放射器や丸い刃を撃つ銃など。

ゲームモードは、デスマッチや吹っ飛ばして場外に落とすモードなど様々。

独自のバカゲーなアクションが特徴です。

Fキーで「メェ~」と泣いたり、Rキーでフェイク・デス(死んだフリ)ができます。

フェイク・デスは、その場でぶっ倒れてラグドール処理されるので面白いです。

試合が終了すると、すべてのヤギが弾けて血だまりができたりカオスさ満点。

バカゲーな雰囲気のFPSが好きならオススメです。

Steam

Steamで配信中です。

2020年3月末まで無料配信されています。

その他
スポンサーリンク
フォロー
ゲームブログ(仮)
タイトルとURLをコピーしました