ウォールランやスライディングできるスタイリッシュFPS「GTTOD: Get To The Orange Door」をプレイしてみた。スローモーションでカッコよく敵を倒せるFPS

新作FPSゲーム「GTTOD: Get To The Orange Door」のDemoをプレイしたので紹介します。

Steamで配信中です。

どんなゲーム?

Get To The Orange Door チュートリアルを初見プレイ PC Steam
(チュートリアルを初見プレイ)

ウォールランやスライディング、2段ジャンプできるスタイリッシュなFPSゲームです。

イメージとしては「Titanfall」シリーズのパイロットに似た操作ができるゲームです。

ゲージを消費してスローモーションにできるのも特徴。

チュートリアルで基本操作を学んだら、敵をひたすら倒すモードをプレイできます。

Get To The Orange Door 初見プレイ スローモーション・ウォールラン・スライディング・ダブルジャンプを使えるスタイリッシュなFPS PC Steam
(敵を倒すモードを初見プレイ)

操作に慣れると、カッコいいアクションをしながら戦えるのが爽快でした。

ウォールランから空中ショットを決めたり、空中でスローモーションで撃つなど、スタイリッシュな戦い方ができます。

Tips

敵を倒すと、画面上の数字が増えます。

この数字を消費して、宝箱からアイテムを購入できます。

この数字は、上のゲージが無くなるまでに次の敵を倒すとボーナスを得られます。

操作

WASDキーで移動、スペースバーでジャンプ、左ctrlでしゃがみ。

Fキーでインタラクト、Eキーで近接攻撃、Rキーでリロード、Tabでスローモーション。

QキーのEquipmentは、グレネードを投げる時に使います。

GキーのDual Wieldは、銃の二丁持ちです。

グレネードや銃の二丁持ちは、お金を払って宝箱から入手できます。

マウスホイールで武器を変えられます。

Steam

Steamで配信中です。