PS4 Hungry Shark Worldをプレイしてみた。サメで魚を捕食する2Dゲーム。評価・感想・レビュー

PS4 Hungry Shark World(ハングリー シャーク ワールド)をプレイしてみました。

PS4 Hungry Shark Worldをプレイしてみた ハングリー シャーク ワールドをプレイしてみた PS4からブロードキャスト
(管理人のゲームプレイ動画)

どんなゲーム?

サメを操作して、魚や人間を捕食する2Dスクロールゲームです。

噛みつきアクションで魚を食べ、ひたすらスコアやゴールドを稼ぎます。

スタミナ(体力のこと)が徐々に減るシステムのため、魚を食べ続けないとゲームオーバーになります。

体力が尽きるまで(ゲームオーバーになるまで)続くスコアアタックのようなゲームです。

ステージで稼いだゴールドは、見た目を変えるアイテムの購入に使えます。

見た目や能力の異なるサメを数種類使えますが、サメはアンロック形式で、はじめは1体しか使えません。

ステージもアンロック形式で、序盤ははじめのステージをくり返し遊ぶことになります。

操作

操作は簡単で、覚える操作は少ないです。

左スティックで移動、R2で加速して移動(ブースト)、L2で噛みつく(シャークアタック)です。

(□で噛みつく、×でブーストできますが、L2R2の方が操作しやすい印象でした。)

噛みつくのは、小さい魚なら近づくと自動で行うため、毎回押す必要はありませんでした。

適当にR2で加速し、オートで噛みついて魚を捕食し、大きい魚や人間がいたらL2で捕食します。

序盤の攻略

3匹目のサメは、ケージ(檻)から解放するミッションをクリアすると使用できます。

3匹目のサメを使って、新しいエリアを解放できます。

様々な賞を受けたスマホアプリゲーム「ハングリーシャーク」のシリーズ最新作がPS4®に登場!

ロンドンにあるUbisoftのスタジオ「Future Games」が制作した『ハングリーシャーク ワールド』は、美しい熱帯諸島、海の底に沈んでしまった寺院、広大な都市、凍える氷山を含む4つのステージを探索しながら、一口サイズの魚から、鳥、大きなクジラをはじめ、凶暴なボスザメ、巨大なイカや恐ろしいバケモノを食べまくるゲーム。
250以上のミッションと20種類のサメが登場し、フィールドに隠された秘宝やまだ見ぬ敵と出会うことが出来るだろう。

引用元:https://www.jp.playstation.com/games/hungry-shark-world-ps4/

PSstoreでの販売価格は約1,200円ですが、セールで半額の約600円で購入できました。

PSstoreのインディーズゲームは、セールで安くなったときがお買い得です。