IQ(アイキュー)の立ち回りと使い方を初心者向けに解説【R6S】

 

こんにちは。

今回は、R6Sのオペレーター「IQ(アイキュー)」の立ち回りを初心者向けに解説していきます。

 

 

・IQのステータス

ドイツGSG9のオペレーター「IQ」。

スピード3 アーマー1のスピード特化のオペレーター。

固有スキルは、電子機器デバイスの探知。

 

・おすすめの武器とガジェット

メイン武器:お好みで(552がおすすめ)

IQの武器は3種類。

ライトマシンガンは装弾数が50なので、フューズやカピタオのライトマシンガン(100発)と比べと少ない。

どれも強いが、私は552とG8A1を使ってますね。

 

サブ武器:P12

ハンドガンは1種類。

デバイスを探知しているときはハンドガンを構えることになる。

 

ガジェット:フラググレネード

アップデートでフラググレネードを持てるようになりました。

電子機器の探知とフラグは相性が良い。

スピード3でフラグを持てるのは強い。

ブリーチングチャージを選べますが…使うことはまずないですね。

 

・ブラックアイを探知できる

IQは、ヴァルキリーのブラックアイを探知できます。

敵がヴァルキリーを多用してくるなら、IQのスキルが活きます。

準備フェーズ終了後に、ヴァルキリーが飛び出したら位置を覚えておきます。

もしくは、よく投げられるポイント(建物の外の木や壁)を探知してみると良い

防衛側でヴァルキリーを使って、どこのポイントが強いかを覚えるのも良い。

 

・サッチャーと組み合わせる

IQで電子機器を探知して、サッチャーにEMPを投げてもらいましょう。

敵の電子機器を効率的に破壊できます。

が、野良でプレイしていると連携が難しいので、パーティーでやることを推奨します。

 

・フラグを投げる前にADSを探知できる

フラググレネードは、イェーガーのADSに無効化されます。

チームメイトに破壊してもらうのも良いですが、フラグを投げる前に事前にADSを確認できます。