PS4 MATTERFALLをプレイしてみた。2Dスクロール×シューティングアクション。評価・感想・レビュー

PS4 MATTERFALL(マターフォール)をプレイしてみました。

PS4 MATTERFALLをプレイしてみた マターフォールをプレイしてみた PS4からブロードキャスト
(管理人のゲームプレイ動画)

どんなゲーム?

2Dの画面スクロールのシューティング×アクションゲームです。

爽快感のあるエフェクト、ハイスピードなシューティングアクションを楽しめるゲームでした。

敵を倒すと、ガラスの破片が飛び散るようなエフェクトがあり、爽快感があります。

また、このゲームの特徴は「ラッシュ」や「マター」など独自アクションです。

(ラッシュは加速して敵の動きを止めるアクション、マターは壁や床を作るアクション。)

ステージは、1-1から3のボス戦まで、合計12ステージです。

難易度は、ルーキー(簡単)、フリーランス(普通)、ベテラン(難しい)の3つから選べます

操作

左スティックで移動、右スティックで方向を決めて撃ちます。

(右スティックを倒すと、倒した方向に弾が出る形式で、他のボタンの押し込みは不要。)

L1のラッシュは、加速して周囲の敵を止める(凍らせる?)ことができ、回避もできるアクションです。

L2のマター発生は、特定のエリアに壁や床を作ることができます。

マター発生で、床を作って上に進んだり、作った壁で敵の攻撃を防いだりできます。

L2のマターとL1のラッシュが、このゲームの特徴のひとつです。

その他の操作は、R1でジャンプ、R2でサブ武器の使用、十字キーでサブ武器の変更です。

サブ武器は、グレネードランチャーなど数種類あり、装備の変更も可能です。

はじめは、L1L2R1R2の操作を覚えるのが大変でしたが、慣れるとラッシュ、マター、ジャンプ、攻撃を上手く繋げてスタイリッシュな戦いができます。

Housemarque最新作がPS4®に登場!

物語の舞台は遠い未来の、フォーテュナという植民地化した惑星。プレイヤーは雇われ掃除屋アヴァロン・ダロウとして、天高くそびえる未来都市を謎の地球外生命体である未知の「マター」(=物質)から救うべく立ち上がる。プラットフォーミングと息つく暇なく降り注ぐ弾丸アクションの絶妙なバランスを体験しよう!足場を作りプレイヤーを敵から保護するブルーマターと人類に対する脅威であるレッドマターの2種類の「マター」の特性を活かし、多彩な武器を駆使してステージを突き進め!!

クラシック・アーケードを踏襲した操作感による緊張感あるプレイや、最新VFX表現によるド派手な演出も本作の魅力!
さらにPS4®Proではより強化された美麗なグラフィックでのプレイが可能に!!

引用元:https://www.jp.playstation.com/games/matterfall-ps4/

PSstoreの販売価格は、約1,600円です。

(※2019年9月時点。)

ちなみに、過去のPSstoreのセールで、500円ほどで購入できました。

PSstoreのインディーズゲームは、セール時に買うのがオススメです。