麻雀ゲーム初心者が最低限覚えておくべきこと

 

 

麻雀ゲーム初心者が最低限覚えておくべきことをメモ。

(記事中の画像はPS4のシンプル麻雀シリーズ。)

 

 

・役を覚える

麻雀は「役」を覚える必要がある。

役はたくさんあり、全部覚えるのは大変なので主要なものから覚えると良い。

リーチ、タンヤオ、ピンフ、役牌、一発、ツモあたりをまずはじめに抑えておく。

 

・参考リンク

麻雀豆腐 – 麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!

 

・タンヤオ

「1」「9」「字牌」を使わず「2~8」を使う役。

喰いタンありの場合は鳴いても成立する。

 

・三元牌

白(ハク)、撥(ハツ)、中(チュン)のこと。

3つ揃えると役になる(鳴いても可能)。

 

・東場、南場

麻雀には東場・南場があります。

東場は「東」、南場は「南」を3つ揃えると役になる(鳴いても可能)。

 

・自風牌

4人それぞれ「東」「南」「西」「北」が割り当てられます。

自分が「南」なら南を3つ揃えると役になります。

ゲームが南場ならダブ南になる。

 

・親

東場は「東」のプレイヤー、南場は「南」のプレイヤーが親になります。

親は親がアガリ続ける限り続きます。

親は子(=親以外のプレイヤー)よりも獲得できる点数が増えるが、支払う点数も増える。

 

・ルールの確認

(麻雀のゲームによるが)ルールを設定できる場合がある。

半荘…東場+南場で行うゲーム

喰いタン…鳴いてもタンヤオが成立する

 

SIMPLEシリーズ for ニンテンドー 3DS Vol.1 THE 麻雀 – 3DS

新品価格
¥2,080から
(2018/5/10 23:30時点)

SIMPLEシリーズG4U Vol.1 THE 麻雀 – PS4

新品価格
¥2,380から
(2018/5/10 23:30時点)

麻雀格闘倶楽部 新生・全国対戦版 – PSVita

新品価格
¥3,500から
(2018/5/10 23:30時点)









 

スポンサーリンク