メタルギアサバイブをプレイしてみた感想・レビュー。タワーディフェンス&サバイバルゲーム

スポンサーリンク

2019年5月に「メタルギアサバイブ」がPSplus会員向けに、フリープレイとして配信されました。

未プレイでしたが、面白そうなので遊んでみました。

レベル20ぐらい、マルチとソロをそこそこ進めてみたので、感想・レビューをメモしておきます。

タワーディフェンス&サバイバル

「メタルギアサバイブ」は、タワーディフェンスとサバイバルを組み合わせたようなゲームです。

ほとんどのミッションでは、押し寄せるゾンビの大群から、拠点を守るのが目標です。

フェンスや柵を置く、ステルスキル、銃や近接武器で戦うなど…自分で守り方を考えます。

このあたりは、タワーディフェンスや拠点防衛系ゲームが好きなら楽しめるかもしれません。

また、サバイバル要素もこのゲームの特徴です。

酸素・水分・空腹に気を配りながら、探索をしたり防衛をしたりします。

拠点では武器・防具・食料のクラフト、施設の設置ができます。

このあたりは、Fallout4やFallout76に似ている(?)印象でした。

オンライン協力プレイ

メタルギアサバイブは、2~4人のオンライン協力プレイができます。

大人数でタワーディフェンスを楽しめるのですが…
人が少なく、マッチングしづらい印象でした。

PSplusに登場した月でも、2~3回クイックマッチをして、ようやく何人か集まるような状況でした。

また、レベル15以上でNormalミッションが解放されますが、
15未満だとEasyミッションしか選べません。

(ある程度ゲームを進めてからでないと、マルチで戦うのは難しい?)

その他

その他、遊んでみて気づいた点をざっくりとまとめておきます。

ハクスラ

武器や防具にはレアリティがあり、やり込むほど強いものが手に入る仕様です。

ハック&スラッシュ系のゲームが好きなら、楽しめるかもしれません。

ステルス

メタルギアといえば「ステルス要素」ですが…

本作では、ステルスはあくまで「戦い方のひとつ」である印象でした。

(ステルスをしなくても、武器やガジェットで切り抜けられる場面がほとんど)

過疎

先ほども書きましたが、マルチプレイの過疎が気になります。

マルチで4人全員が揃うことは少なく、人を探すのに時間がかかります。

その他
スポンサーリンク
フォロー
GGB
タイトルとURLをコピーしました