PS4 ミラーズエッジカタリスト(Mirror’s Edge Catalyst)をプレイしてみた。主観視点パルクールアクション×オープンワールドゲーム

PS4 ミラーズエッジ カタリスト(Mirror’s Edge Catalyst)をプレイしてみました。

主観視点のパルクールアクションとオープンワールドを組み合わせたゲームです。

前作は遊んでいませんが、特に問題なくプレイできました。

PS4 Mirrors Edge Catalist Game Play ミラーズエッジカタリスト ゲームプレイ PS4からブロードキャスト

ジャンプ、スライディング、ウォールラン、乗り越えなどのアクションでマップを探検できます。

はじめのチュートリアルをクリアすると、オープンワールドの世界に行くことができます。

オープンワールドでは、自由に探検したり、サイドミッションを進めたりできます。

このゲームの特徴である「主観視点パルクール」は、臨場感と疾走感がありました。

ただし、画面の揺れや動きが激しく、画面酔いしやすい方は注意すべきかもしれません。

余談ですが、ウォールランは、EAのゲーム「タイタンフォール」を思い出しました。

(挙動が似ている?)

ちなみに、ミラーズエッジカタリストは、サブスクリプションサービス「EA Access」の対象でした。

(2019年8月時点)

お得に遊びたい方は、利用してみると良いかもしれません。

ちなみに、EA Accessの1か月利用(約500円)で、ミラーズエッジカタリストをプレイしました。