PS4版DOOMをプレイした感想

スポンサーリンク

 

PS4版DOOMをプレイ。

良かった点・気になった点をメモ。

 

 

・良かった点

・単純明快さ

ストーリーはあってないようなもの。

「敵を倒す→先へ進む→敵を倒す…」シンプルなゲーム。

多少の謎解き・マップの複雑さはありますが。

 

 

・快適さ

アイテムの上を通過したら自動で回収。

リロードボタンが存在せず、自動で速攻リロード。

ボタンを押し込んで走る必要がなく、スティックを倒すだけで走る。

ゲーム内の動作が自動化されているおかげでテンポが良い。

回復アイテムがないなら敵を倒すと供給される。

 

 

・ひたすら敵を倒す

「敵を倒す→弾薬・回復を入手→敵を倒す」の流れを意識して作られている。

HPが低い、弾が少ない状況でもあえて戦って敵からアイテムを奪って窮地を脱出する。

守るのではなく攻めるのが重要。

ガンガン進んで攻撃する人向けのゲームデザイン。

 

 

・気になった点

・くり返しの作業感

ミッション・ステージが変わっても似たような作業のくり返し。

「敵を倒す→目標へ向かう」だけ。

(良く言うと単純明快だが。)

出現する敵も同じものが多く、バリエーションに欠ける印象。

 

 

・死亡時の巻き戻し

ミッション中のチェックポイントがやや少ない。

死亡するとかなり前に巻き戻されることが頻発。

特にステージの作りが分からず落下して巻き戻されると萎える。

 

 

・操作の複雑さ

よくあるPS4のFPSゲームと違いやや操作が複雑。

慣れれば問題ないが、ややクセの強い操作。

R3で投擲物の使用、×ボタンで近接攻撃は他のFPSではあまり見かけない操作。

 

 

・ロードの長さ

ロードが長い。

「死亡→長いロード→前の場所への巻き戻し」のコンボがゲームのテンポを悪化させている印象。

ゲーム起動時のロードも長い。

 

DOOM【CEROレーティング「Z」】 – PS4

中古価格
¥2,805から
(2018/2/24 23:40時点)

スポンサーリンク





その他/etc.
スポンサーリンク
Game Gold Base
タイトルとURLをコピーしました