パッケージ版・ダウンロード版の違い。メリット・デメリット【PS4】

 

PS4のパッケージ版・ダウンロード版のメリット・デメリット・良い点・悪い点をメモ。

他コンソールでは相違点があるかも。

今まで数百本ゲームを購入。

ほとんどはパッケージで、ダウンロードは2~3割ほど。

両方とも購入してみた経験からメリット・デメリットをメモ。

 

・ダウンロード版のメリット

・発売日の数日前から事前ダウンロードが可能。

・(事前ダウンロードを完了した場合)発売日の0時ちょうどからゲームを開始できる。

・ディスクを紛失するリスクがない。

・ディスクが読み込まない心配がない。

・オンライン環境なら、いつでもライブラリーから再インストールできる。

・ディスクの入れ替えが不要。別のゲームへの切り替えがシームレス。

・ディスクと箱の保管場所が不要。省スペース。

・ダウンロード版のみの特典が貰える(場合がある)。

・アカウント共有が可能。1つのダウンロード版のゲームを共有して遊べる。

 

・ダウンロード版のデメリット

・パッケージ版、ディスク版と比べて値段が割高(になりやすい)。

・プレイ後は売却できない。

・ダウンロード版購入者のID、パスワードを忘れてログインできないとプレイ不可になる。

・PS4の容量が圧迫される(されやすい)。

・PSstoreは基本的に割高、セール時を狙って買う必要がある。

 

・パッケージ版のメリット

・ゲーム本体の売却が可能。コスパ良。

・ディスクや箱、説明書を収集、コレクションできる。

・中古品の購入が可能。ダウンロード版より安く買える(ことが多い)。

・パッケージ版のみの特典が貰える(場合がある)。

 

・パッケージ版のデメリット

・読み込み不良が起きることがある。

・ディスクに傷がつくと買取不可になることがある。

・箱に傷(亀裂など)があると買取価格が下がる。

・ディスクの入れ替えが必要。ディスクを取り出す→ディスクをしまう→別のディスクを入れる…ダウンロードより手間がかかる。

・保管スペースが必要。

・売り切れ等で購入できない場合がある。

・商品を注文したり、送料を払う、店舗まで買いに行く手間がある。



 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム