PS4版Farcry3をプレイしてみた。感想・レビュー



スポンサーリンク



 

PS4版Farcry3(Farcry3クラシックエディション)をプレイしてみた感想・レビューをメモ。

(PS4でFarcry4、Farcry5、Farcry Primalをプレイ済み。)

 

 

・感想、レビュー

・購入の動機

PS3で発売されたFarcry3のリマスター版。

映像は綺麗ですが、ナンバリングの最新のFarcry5と比べるとやや見劣りする。

(PS3のリマスターなので当たり前の話ですが。)

私はFarcry4と5でシリーズにハマり、3を戻ってプレイしたいと思ったので購入しました。

特にこだわりがないなら5からプレイしても良いと思います。

3、4、5をプレイ済みですが、ストーリーに深いつながりはありませんでした。

 

・遊んだ感想

基本的な仕様はFarcryシリーズとほどんど同じ。

電波塔(シリーズごとに名前が違う)の制圧で付近のエリアを調べたり、アイテムを開放できる。

敵の基地を制圧して、拠点を奪い、行動範囲を広げていく。

ステルス要素があり、近づいてR3でテイクダウンや石投げで敵を誘導するなど。

もちろん、ステルス行動をしなくても、いきなり重火器をぶっ放して基地制圧もあり。

序盤のムービーとチュートリアルが終われば、後は基本的に自由。

動物を狩る、基地を制圧する、ジャングルをサバイバル、薬の調合に必要な薬草を集める、サブクエストを進める…などある程度は自由。

 

・参考動画

ゲーム開始~序盤のミッションの動画。

(PS4の録画機能で撮影。)

ゲームの雰囲気を知りたいなら観てみると良いかもしれません。

 

ファークライ3 クラシックエディション 【CEROレーティング「Z」】 – PS4

新品価格
¥3,505から
(2018/7/5 20:16時点)

ファークライ4 【CEROレーティング「Z」】 – PS4

中古価格
¥2,459から
(2018/7/5 20:17時点)

【PS4】ファークライ5

中古価格
¥4,990から
(2018/7/5 20:17時点)

ファークライ プライマル – PS4

中古価格
¥2,000から
(2018/7/5 20:17時点)







 

スポンサーリンク