PSVRの疑問点を全部書く。メガネ・ズレ・酔い・ぼやけ・頭のサイズなど

 

こんにちは。

今回はPSVRを持っていない・これから買う人に向けて疑問点をできるだけ多く書いていきます。

 

 



・普通のゲームをプレイするとどうなる?

PSVR非対応のPS4のゲームをプレイしても、ただ画面が大きく見えるだけです。

立体的に360度見えるわけではありません。

当たり前ですが…PSVRは、VR対応ゲームでプレイしましょう。

 

・画面がぼやける、はっきり見えない

別の記事で対処法をまとめています。読んでみて下さい。

 

PSVRの画面がはっきり見えない・ぼやける時の対処法

 

・ゲームは全部有料?

無料のものもあります。

PSVR導入後は「The PlayRoom VR」をすぐに遊べます。

体験版を含めると、10~20ぐらいは無料で遊べるものがPSstoreで配信されています。

(2017年8月20日現在)

 

・PSmoveは必要?

一部のゲームでは必須。無いとプレイできない。

自分の欲しいゲームがPSmoveが必須かどうか確認するのを推奨。

PlayStation Move モーションコントローラー

新品価格
¥5,707から
(2017/8/20 13:04時点)

 

・PScameraは必要?

必須です。

既に持っている人は、PSVR単体を買いましょう。

cameraを持っていない人は、PSVRとPScameraの同梱版を買いましょう。

 

・PSVRは酔う?

ゲームによる。

動きの少ないゲームなら酔わなかったが、キャラクターを操作するアクションゲームは開始後すぐに気持ち悪くなってやめました。

「RIGS」というゲームがいちばんキツかったですね…。

ゲーム自体は良く出来ていて、面白いのですが…ロボットを操作しているときはかなり激しい動きになるので、酔いが止まりませんでした。

RIGS Machine Combat League(VR専用) – PS4

新品価格
¥6,760から
(2017/8/20 13:04時点)

・ズレる?

PSVR装着後に、後ろのネジを巻いておけば位置を固定することができます。

これをしっかり巻いておけば、ズレることはほぼありません。

 

・眼鏡かけてプレイできる?

大丈夫です。使えます。

よっぽど大きいサイズの眼鏡じゃない限り、PSVRのゴーグルの中に入ります。

眼鏡の部分とゴーグルが重ならないように設計されているので、耳が痛くなることもありません。

 

・頭が大きい人でも使える?

使えます。

PSVRは、かなり伸びるので、頭の大きい私でも装着できました。

正直、このサイズで入らない人はまずいないと思います。

帽子を被ったり、頭を意図的に大きくしているなら別ですが。

 

・どうやって操作する?

ゲームによって違う。

頭を動かして操作するものもあれば、コントローラーとVRを両方使うもの、コントローラーのモーションセンサーを使うもの、PSmoveを使うものなどゲームによって様々。

ちなみに、PSVRの電源のオンオフや音量調節、マイクのオンオフは手元のボタンで操作できる。

 

・VRの動画が見られる?

PSVRはゲームだけでなく、VRの動画を見れます。

「Youtube」「DMM.com」「LittleStar」がおすすめですね。

PS4のアプリを入れておけば、PSVR導入後すぐに動画を見れます。

 

・公式サイト

DMM.com

 

・PSVRは買い?

ゲーム好き、どうしてもPSVRをプレイしたい、遊びたい作品があるという人なら買い。

特に理由がないなら買わない方が良いかな?

5万~6万の買い物になるので…個人的には凄く欲しい人じゃない限り待つべきじゃないでしょうか。

 

PlayStation VR

新品価格
¥58,500から
(2017/8/20 13:02時点)