メガネ+頭の大きい私がPSVRをプレイしてみた。感想・レビュー

 

こんにちは。

今回はPSVRのレビュー記事です。

 

 

・PSVRは凄い!

PSVRは高いとか、面白くないとか言われることがありますが…自分がやってみてまず思ったのは「PSVRスゲェ!」の一言。

今までのゲームは平面的でしたが、PSVRは自分の顔を動かせば画面も移動します。

没入感が普通のゲームより圧倒的に高いです。

 

・The PlayRoom VRを遊んでみた。

PSVRを導入したら無料で遊ぶことができる「PlayRoom」のモンスターエスケープを友達3人でプレイしてみました。

これでもPSVRって凄いなと実感したことがいくつか。

今までのゲームなら人が集まって、ひとつの画面を見てプレイしていました。

ウイイレやスマブラ、ストリートファイターなどローカルの協力プレイのゲームはみんなそうですよね。

ですが、VRは違います。

VR側には、VR独自の視点が見えています。テレビとは違う状況を映すことができるのです。

例えば、このモンスターエスケープのゲーム内で説明するなら、VR側は恐竜視点でゲームをプレイします。

実際に首を振れば、恐竜が建物を破壊します。

一方、テレビを見てプレイする側は、VRの恐竜から生き延びるためキャラクターを操作します。

つまり、PSVRの中にに小さいテレビが入ったような感じをイメージすれば分かりやすいと思います

あと、VR側(恐竜側)で振り返ると、建物を壊した後を確認できたり、自分のしっぽを見ることができます。

自分の視点の動きとゲームの動きが連動していることに感動しましたね。

 

・頭が大きい人でも大丈夫!

私はかなり頭が大きい(顔が大きい)ので、VRゴーグルを装着できるかどうか不安だったのですが、大丈夫でした。

PSVRのゴーグルの装着部分は、伸ばすことができるようになっています。

全力で伸ばすとこんな感じ。余程頭の大きい人でなければ、十分なサイズだと思われます。

伸ばしていない状態だとこんな感じ。

かなり頭の大きいサイズの人にも対応した作りになっていることが分かりますね。

 

・眼鏡をつけてもプレイ可能!

PSVRをプレイする上で気になっていたのが、メガネをかけている人はプレイできるかどうか?だった。

結果としては、問題なくプレイできました。

VRゴーグルの内部にはある程度ゆとりがあって、よほど大きい眼鏡でなければゴーグル内に収まる設計になっています。

(※メガネの部分を黄色の線で編集して表示しています。)

耳の部分とメガネが重ならないようになっているので、装着中に耳が痛くなることもありませんでした。

PSVRは、メガネの人向けの気遣いが多いので、安心してプレイできましたね。

 

・PSVR+ヘッドセット

ヘットセットの形や種類によりますが、使えます。

私はロジクールのヘッドセットを使用しましたが、問題なく装着できました。

ヘッドセット使用者への配慮なのか、耳の部分にゆとりがありますね。

 

・音に注意!

PSVRを使用中に、テレビの電源がオンになっていたら、PSVRのヘッドセットとテレビから両方音が聞こえます。

私は1人でVR使用をつかうときは、テレビの電源をオフにしています。

少し前に、DMM.comがアッチ系のVR動画に対応しました。

下手するとテレビから流れている音声に気付かず、VRの動画を見る…なんて事故起きる可能性がありますね。

なので、テレビの音声が気になる人は絶対に!電源を消しましょう。

 

・PScameraは必須

PSVRをプレイするなら、PScameraが必須になります。

PS4購入時に、PScameraを同時購入した方はPSVRのみを買えば良いです。

間違って同梱版を買わないように。

PScameraがない方は、PSVRとPScameraのセットを買うか、個別で買いましょう。

・VRで普通のゲームをプレイすると?

当然ですが、VR非対応のゲームだと立体的に表示されず、首を振っても視点が動いたりしません。

ただ、画面が大きく見えるだけです。

もしかしたら、VRを装着してFPSやったら凄いんじゃないか…?と思って、試しにレインボーシックスをやってみましたが、ただ気分が悪くなるだけでしたね(笑)

VRはVR対応のコンテンツで利用しよう(笑)!

 

・まわりが全く見えない

当たり前ですが…VR装着中は、まわりが全く見えません。

VRのゴーグルにはカバーがついていて、隙間からも光が入ったり、覗いたりできないようになっています。

下から見るとこんな感じ。隙間がほとんどありません。

横の部分も黒色の柔らかいカバー(シリコン?)がついていて、光を遮断します。

なので、「あれ?コントローラーどこ?」「ヘッドセットどこ?」「リモコンどこ?」と焦りまくりでした。

物を探すために、VRを外すのは凄く面倒でしたね…。

一時的にまわりを見渡せるモードがあったらいいんですけどね…。

 

・気になった点

PSVRは面白いのですが…気になる点もありました。

使用後の気分の悪さです。

めまいを起こして倒れたりすることはありませんでしたが、VRを外して現実世界に戻ると何とも言えない倦怠感と疲労感がありました。

個人差はあると思いますが、続けて1時間プレイするのですらかなりキツイと感じましたね…。

画面を立体的に360度表現するとなると、相当目に負担がかかっているんだなぁと実感しました。

よく、FPSやアクションゲームがVRになったら臨場感があって面白そう!という意見がありますが……確かにそうなのですが、目がしんどくてゲームどころじゃなくなりそうです。

あと、大人数でプレイする場合、ある程度のスペースを確保しておかないと…ぶつかったりケガをすることがあります。

VR使用者は、頭を動かすことでアクションをすることがあります。

が、現実世界の相手は見えていないので、頭を振った時にぶつかることが多々ありました。

 

・個人的な感想まとめ

面白いし、ゲームの時代が大きく変わるなぁと実感。

VRを装着しているプレイヤーが振り返ったら、ゲーム内のキャラも振り返っていたのは本当に衝撃的だった。

ただ、現時点(記事執筆時は2017年8月15日)でのPSVRの値段はかなーり高いです。

コストと見合っているかどうかは…微妙だと思います。もう少し安くなったら買うんだけど。

私の友人は、Amazonの商品入荷のたびに購入ボタンを連打して、やっと買えたらしいです。

値段は5万ぐらいと言っていました。オークションでも買えますが、転売屋がほとんどで…値段はより高くなるらしいです。

 

PlayStation VR

新品価格
¥58,500から
(2017/8/16 08:03時点)

 







 

スポンサーリンク