【R6S】パルスの立ち回りを初心者向けに解説



スポンサーリンク



 

こんにちは。

今回はレインボーシックスのオペレーター「パルス」の立ち回りを解説します。

上級者の方にとっては既知の内容がほとんどなので、初心者~中級者の方に読んでいただけると良いかもしれません。

 

 

・パルスとは?

FBIのメンバーの1人。

スピード3アーマー1の防衛オペレーター。

心拍センサーを使って、壁越しても敵の位置を把握できる。

 

・おすすめの武器とガジェット

狭いエリアや角待ちをして戦うならショットガンが強い。

中距離~遠距離となると、サブマシンガン(UMP)を選ぼう。

ガジェットは、ニトロセルがおすすめ。

固有スキルとの相乗効果があるので、ニトロセルは強いですね。

次は、パルスの立ち回りとコツ、戦術を解説します。

 

・ピン立て

パルスの心拍センサーで敵を探知したら黄色のピンを立てよう。

チームメイトに位置を伝えたら、遊撃プレイヤーの援護になる。

もちろん、自分で攻撃するのもOK。

餅つきをしているバンディットにピンを立てて位置を教えられます。

(餅つきとは、テルミットのヒートチャージをタイミングよくショックワイヤーを設置して無効化すること。)

 

・突き上げニトロセル

敵の来そうな場所の下の階に潜んで、敵を探知したら下からニトロセルを爆破して倒す戦術。

破壊できる床でないと効果がないので注意しよう。

ニトロセルではなく、ショットガンで突き上げすることもできる。上からの奇襲も可能。

 

・パルスの弱点は?

パルスの弱点を解説しておきます。

・パルスの心拍センサーをIQに逆探知される

・心拍センサーと武器の切り替えに時間が掛かる。

・パルスの心拍センサーの音を聞かれて、逆に狩られる。

・心拍センサーを展開しているときは無防備。

などなど…。心拍センサーに頼りすぎるのは危ない。

 

・まとめ パルスは上級者向け

遊撃メインのオペレーターなので、上手な立ち回りを求められる。

マップの理解とスポーン位置の把握、どこの床が破壊可能か、ニトロセルの扱い方など覚えることが多い。

初心者が使うと…敵を狩れずに終わるか、ドローンで位置を把握されて袋叩きにあうのがオチ。

はじめの内はルークなどの覚えることが少ないオペレーターを使うべき。パルスは慣れてからの方が良い。







 

スポンサーリンク