初心者必見!エリア確保の立ち回りを徹底解説!

 

こんにちは。

今回は、レインボーシックス:シージのゲームモード「エリア確保」について。

初心者向けに立ち回りや覚えておくべきことをまとめるので、参考にどうぞ。

 

 

・エリア確保とは?

R6Sのゲームモードのひとつ。

攻撃側はエリアを確保するか敵を全滅させれば勝利。

防衛側は時間切れ、敵の全滅で勝利。

時間はカジュアルなら4分、ランクなら3分。

ただし、残り0秒でも攻撃側がエリアを確保していたら試合は続行します。

爆弾解除はディフューザーの設置など独特の決まりがあるが、エリア確保は比較的覚えやすいはずです。

 

 

・攻撃側の立ち回り

r6s-area-kakuho

確保中のメーター

絶対に覚えておくべきなのは「確保実行中」と「争奪中」の意味。

攻撃側が目標エリアの中に入ると「確保実行中」か「争奪中」と画面に表示されるはずです。

「確保実行中」は、目標エリアに防衛側がおらず、エリア確保に成功してメーターが溜まっている状態です。

「争奪中」は、目標エリア内のどこかに敵がおり、エリア確保のメーターがストップしている状態です。

r6s-area-kakuho

例(民家1階ビリヤード台の部屋を想定)

つまり、「確保実行中」なら、防衛側が来そうなルートを予測できます

上の画像は目標エリアが確保実行中のときの例です。

防衛側はエリアを確保されると負けるので戻ってくるはずです。

目標エリアと繋がっている場所にエイムを置いておくのが上手い立ち回りでしょう。

r6s-area-kakuho

エリア確保はモンタが強い

また、エリア確保は盾オペレーターが有利です。

モンターニュで盾を展開したままエリアを確保するのが強いですね。

防衛側は、モンターニュが居続けると確保されたままになるのでプレッシャーがかかります。

ブリッツ・フューズでも同様のことができますが、エリア確保に徹するならモンタの方が向いている印象。

 

 

・防衛側の立ち回り

防衛側はエリアを確保されると不利です。

エリアの場所にもよるが、基本的に守るのはほぼ不可能な場所も存在します。

入る前に敵を倒す、リスキルで数を減らす、入りそうな場所をニトロセルで突き上げる、エリア内にフロストマットを置く…など。

r6s-area-kakuho

上からエリアを防衛する

もしくは、目標エリアの上にある落とし戸を破壊して守る方法もあります。

ただ…防衛側はキツい。エリア確保は攻撃側で落とした方が負ける印象です。

 

 

・まとめ

エリア確保をプレイするなら「確保実行中」と「争奪中」の意味を覚えましょう。

おさらいしておくと…

「確保実行中」…攻撃側が目標エリアに入って、エリアを確保している状態

「争奪中」…目標エリアに防衛側と攻撃側がいて、エリア確保が止まっている状態

です。

他にもたくさんポイントはありますが、実戦で覚えましょう。