【R6S】アッシュ凸のコツを解説するよ!



スポンサーリンク



 

こんにちは。

今回は、レインボーシックスシージ(R6S)のアッシュ凸のコツを解説します。

 

 

・アッシュ凸とは?

攻撃側のオペレーター「アッシュ」を使って、開幕直後に敵の建物に侵入して奇襲を仕掛けることです。

アッシュは、武器の強い・ブリーチング弾でバリケードや有刺鉄線を壊せる・フラッシュバン持ち・スピード3という凸向けのオペレーターです。

 

・おすすめの武器

アッシュのおすすめ武器は「R4-C」。

ハンドガンは好みで。ガジェットは、スタングレネードがおすすめ。

R4-Cは、威力が高く、連射速度も速い銃です。

ブレが大きいのが難点ですが、威力でゴリ押せば撃ち勝てることが多いです。

G38C(通称:ゴミムシ)は、あまり使われません。

反動が小さいので扱いやすいのですが…R4-Cと比べると威力が低く、連射速度も遅いです。

どうしても火力で押し負けてしまうことがありますね。

ガジェットはスタングレネードがおすすめ。

イェーガーのADSをスタン2個で無効化したり、凸のときにも使えるので優秀です。

 

・アッシュ凸のコツ

・準備フェーズ

まず準備フェーズで敵のオペレーターと目標地点を割り出します。

また、有刺鉄線とトラップの位置を記憶しておいて、凸がやりやすいルートを想定します。

そのあとは、自分が凸をする場所付近にドローンを隠しておきます。

凸する場所は、エリアに直接繋がっている場所ではなく、エリアから遠すぎず近すぎずの場所がおすすめ。

また複数から撃たれない場所(直線の場所など)の方が侵入しやすい。

ひらけていて、複数の場所から見えるとどうしても撃たれる可能性が上がるので注意。

 

・アクションフェーズ

リスキルに気を付けて、侵入場所の近くまで行きます。

ドローンで周辺を索敵して侵入します。

いきなり目標地点に入って戦うよりも、目標地点から出てきそうな敵を置きエイムで狩ると強い。

敵は準備フェーズ終了直後は、まだ敵が来ていないと油断しているので、そこを突きましょう。

 

・天敵となるオペレーター

アッシュ凸の天敵となるオペレーターは、フロスト・カプカン・カベイラ・遊撃系の足3オペですね。

逆に敵がアッシュ凸を多用してくるなら、これらのオペレーターをピックするだけでも対策になりえます。







 

スポンサーリンク