今日買った人へ。はじめにするべきことを解説【R6S】



スポンサーリンク



 

R6Sの初心者向けの記事はたくさんあるけど、本当の初心者向けの記事は少ないなぁと感じたので書いてみる。

本当に今日、昨日買って何すれば良いの?という人向け

慣れた人は既知の内容です。

 

 

・チュートリアルを見る

r6s-beginner-start

チュートリアルを見れば名声(ゲーム内の通貨)がもらえます

全部見ればオペレーター1人をアンロックできるぐらいの名声はもらえる(うろ覚え)。

 

 

・シチュエーションをプレイ

r6s-beginner-start

シチュエーションモードをプレイしましょう。

できれば全部クリアするのが良いですが、自分が進められるところまででも良い。

各シチュエーションごとに☆が3つあり、達成すれば追加で名声がもらえる

チュートリアルと合わせればそれなりの名声になるはず。

 

 

・オペレーターをアンロック

r6s-beginner-start

シチュエーションとチュートリアルで貯めた名声をオペレーターの解除に使います。

最低でも防衛5人・攻撃5人を揃えておけば、他と被って新兵を選ぶ事態は避けられます

DLCのオペレーターは1人25,000名声なので序盤は解除できません。

オリジナル(発売当初からいるオペレーター)を使うことになります。

解除に必要な名声は各部隊ごとに500ずつ上がります。

 

 

・初心者向きのオペレーター

・防衛側

<ルーク>

開始時にアーマーを置くだけ。他より覚えることが少ないので楽

アーマーはダメージを抑制する効果があり、味方の援護になる。

武器はMP5がおすすめ。

 

 

<カプカン>

罠をドアや窓枠に設置するだけ

罠の数が3つ→5つに増えたので少々忙しいが…。

罠は置いてしまえば、破壊されない限り本人が死亡しても効果は残り続ける。

 

 

・攻撃側

初心者におすすめ…と言うよりは上級者向けのオペレーターを避けるべき

フューズは誤爆するリスクがある、盾持ち(モンターニュ・ブリッツ)は慣れないと難しい。

 

 

・アタッチメントをアンロック

オペレーターをアンロックしたら、次は武器にアタッチメントを装備します。

Codのようなコスト制限はなく、好きなだけ付けられます。

全武器に付ける必要はなく、よく使う武器だけで良い。

基本的に、アタッチメントは良い効果を付与してくれるが、レーザーサイトは敵からも見えるので注意。

レーザーサイトとサプレッサーは無くても良い、他のアタッチメントを優先すべき。

 

 

・テロハントで練習

テロハントのノーマルでマップとカメラ位置を覚えましょう。

r6s-beginner-start

テロハント中はカメラが壊れた状態なので分かりにくい。

カメラを覚えるならカスタムゲームの方が良いかもしれない…。

r6s-beginner-start

設定からエイムを変更できます。

テロハントで自分に合う感度を探しましょう。

PS4版はエイムアシストをオフにしておくのを推奨します。

マルチプレイではエイムアシストがオフになるのでテロハントで慣れておくべきです。

r6s-beginner-start

時間を気にせずマップを覚えたいならカスタムゲームがお勧め

マルチプレイから開始できます。

 

 

・カジュアルに挑戦する

一通り終わったらカジュアルに挑戦してみましょう。

正直、いくら解説しても…結局は死んで覚えるのが近道です。

マルチプレイの各ゲームモードの解説記事があるので、参考にどうぞ。

 

初心者必見!エリア確保の立ち回りを徹底解説!

 

初心者必見!ゲームモード「爆弾」を徹底解説!

 

初心者向け。ゲームモード「人質」の立ち回り・攻略

 

R6Sはとにかく実戦。試行錯誤で上手くなる

新人の方は大変ですが、何とか乗り越えましょう。

昔はマップとオペレーターの数が少なかったので新参者でも何とかなったけど、今から参加する人は覚えることが多くて大変だなぁ…としみじみ考えております。







 

スポンサーリンク