飛び出しキルを成功させるコツ、意識すべきこと【R6S】



スポンサーリンク



 

レインボーシックスシージ。

防衛が飛び出しキルを成功させるコツ、意識すべきことをメモ。

 

・ボタン長押し、叩いてバリケードを割るのは時間がかかり、気付かれやすい。

・ラぺリング中のオペレーターと銃の種類を銃声で予測。使用中の銃の装弾数からリロードのタイミングを予測。リロード中、撃っている最中に飛び出す。

・敵が近いならリロードの音、ドローンを操作する音(携帯の画面を起動した音)が聞こえる。リロードはキャンセルできるが、ドローンの画面の起動は瞬時にキャンセル不可。スキを見て飛び出す。

・バリケードを2回叩いておくとバリケードを壊しながら飛び越えて外に出られる。敵からはバリケードが残った状態でいきなり飛び出されるので脅威になる。バリケードの端(下の方)を2回叩いておく。

・インパクトグレネードでバリケードを壊して瞬時に飛び出せる。爆発音は鳴るが勢いよく飛び出せる。

・飛び出し前にクレイモアを警戒。赤い線が地面にないか確認。バリケードの下の部分を壊しておけば赤い線が見れる(場合がある)。

・インパクトグレネードでクレイモアを破壊できる。

・クレイモアは飛び越え中に銃で壊せる(※エイム力が問われる)。失敗するとクレイモアが直撃。

・キャッスルのバリケードは12回叩くと壊れる。あらかじめ11回叩いておき、タイミングを見計って1回叩いて飛び出す。

・キャッスルのバリケードは叩くと跡が残る(表裏両方)。端を叩けば跡が見えにくい。

・敵によってはラぺリングのフックを引っ掛ける音を鳴らしてフェイントをする場合がある。

・ラぺリングのフックを引っ掛ける瞬間、ラぺリング中から地上や屋上に着地する瞬間は若干体が硬直する=スキができる。

・準備フェーズ、ラウンド開始後に飛び出す場所のバリケードを先に壊しておく。敵の射線が通り、敵が入ってきやすくなるので場所を考えて行う。

・どのオペレーターがクレイモアを持てるか覚える。敵のオペレーターからクレイモアの数を予測できる。テルミット、ヒバナ、ゾフィア、ツイッチ、カピタオ、ドッケビ等。







 

スポンサーリンク