初心者向け。ゲームモード「人質」の立ち回り・攻略

 

 

・「人質」とは?

rainbow-six-siege-hostage

人質。ホステージ(hostage)とも呼ばれる。

レインボーシックスシージ(以下「R6S」)に存在するゲームモードのひとつです。

攻撃側は人質を回収し外に連れて行く、敵の攻撃による人質の死亡、敵を全滅させると勝利

防衛側は時間切れ、敵の攻撃による人質の死亡、敵を全滅させると勝利

爆弾・エリア確保と違い、目標に当たり判定があり、死亡するのが特徴ですね。

また、人質は負傷状態になる場合があります。

負傷させた側が蘇生させないと、ラウンドを落とします。

 

 

・攻撃側の立ち回り

rainbow-six-siege-hostage

フューズで人質を爆破しないように注意!

まず大前提として…人質をキルするとラウンドを落とします。

ガジェットの「フラググレネード」、フューズの「クラスターチャージ」は扱いに注意するべきでしょう。

人質ごと巻き込んで爆破してしまうリスクがあります。

また、あえて人質の近くを陣取って誤射を誘発させる防衛プレイヤーがいるので注意しましょう。

当然、誤射して死亡させるとラウンドを落とします。

rainbow-six-siege-hostage

人質を外に連れ出せば勝利。場所は関係ない。

人質はボタン長押し(PS4なら□ボタン)で回収できます。

人質を回収しているプレイヤーはサブ武器しか使えず、ラぺリング時の動作が遅くなります。

ちなみに、盾を持ったオペレーターが人質回収すると背中に盾を背負った状態(=背中を撃たれにくい状態)になる。

人質を回収した状態で外に出れば勝利です。

テロハントの人質回収と違い、外に持って行けばOK。回収地点は問われません。

特に人質の場所と外のエリアが近い(高層ビル1階のベッドがある部屋など)は積極的に回収すれば勝てることが多いです。

 

 

・防衛側の立ち回り

rainbow-six-siege-hostage

人質はフロストが強い(と思う)

攻撃側に人質を回収されると勝利は絶望的なので、人質の近くに何人かいるべきでしょう。

人質はクラスターチャージを使われることが少ないので、人質周辺にウェルカムマット・有刺鉄線を置くと良い。

爆弾・エリア確保はクラスターチャージでガジェットを一掃されることが多いですが…人質は少ないです。

人質が回収された場合は、回収している攻撃側オペレーターを倒さないといけません

後ろに人質を連れているので誤射のリスクがあり、エイムが正確でないと倒すのは難しいです。

やはり、人質を回収させないように妨害するのが大切

 

 

・人質 立ち回りまとめ

初心者は「フューズのクラスターチャージで人質を爆破」をやりがちなので注意しましょう。

慣れない内はフューズとフラググレネード持ち(スレッジ・バック・IQ)は選ばない方が賢明でしょう。

(もしくはガジェットをフラグ以外に切り替える。)

爆弾・エリア確保と違い目標が生身の人間なので誤射・誤爆の危険性があることを覚えておきましょう。



 

スポンサーリンク