リージョン初心者ガイド。立ち回り・コツ・上手な使い方【R6S】

lesion-r6s

 

レインボーシックスシージ。

リージョン(LESION)初心者ガイド。

コツ、立ち回り、上手な使い方をメモ。

r6s-lesion

リージョンをマルチで約3時間使用。

 

・武器、ガジェット

・武器はSMGを推奨。

・ショットガンが使われることは少ない(印象)。

・ショットガンはなぜかサプレッサー付き。

・ガジェットはインパクトグレネードが使われることが多い(印象)。

 

・コツ、立ち回り

・GUと呼ばれる毒針を設置できる。

・GUは30秒ごとに1個補給される。(※リージョン追加当初は35秒ごとに1個補給。上方修正された。)

・長く生き残るほど使えるGUの数が増える。

・GUは設置後すぐに透明になる。透明でもよく見ると肉眼で視認できる。

・GUは銃撃、サッチャーのEMP、ツイッチのショックドローンのテーザーで破壊される。

・GUを踏んだ敵はダメージを受け、針を抜かない限りダメージを受け続ける。針が刺さっていると移動速度が落ちる。画面が緑色になり視界不良になる。

・GUを踏んだ状態で別のGUを踏むと追加でダメージを受ける。針が複数本刺さることはない。複数踏んでも針を抜く動作は1度だけ。

・GUを踏んだ瞬間は緑色の色素が表示される。「パリッ」と音が鳴る。踏んだオペレーターの叫び声が聞こえる。音をよく聞いてGUが踏まれたか判断する。

・GUを取り除くには針を抜く動作が必要。敵がGUを抜くタイミングを見計って攻撃する。GUを抜くときはスキができる。盾を持ったオペレーターでもGUを抜くときは正面への攻撃が通る。

・GUは棚や置物の上に設置できる(場合がある)。よくディフューザー設置される場所(オレゴンの地下守りの登って設置する場所など)を覚えておく。

・GUは壁や天井に貼り付けられない。跳ね返って地面に落ちる。

・GUは敵が上を通らないと発動しない。広い場所、ひらけた場所だと踏まれずにスルーされる場合がある。

・狭い場所、一本道はGUに引っかかりやすい。

・長い通路を守るときはリージョンが役立つ。クラブハウスの地下(通称「ガレロン」)を守るときにリージョンが役立つ。

・盾が来たらGUとインパクトグレネードで攻撃できる。相手が盾を多用してくるならリージョンが役立つ。

・設置したGUにはマークが表示される。壁や天井越しでもマークを視認できる。踏まれたGUは表示が消える。敵の探知にGUが役立つ。

・GUを1か所にまとめておくとEMPで一掃される。密集させすぎない。

・落とし戸の真下にGUを設置して降りてくる敵を妨害できる。

・設置したGUは回収可能。再度設置できる。

・GUは後から追加で設置できるのが強み。サッチャーでガジェットを一掃されても後からGUを置ける。

・フィンカのアドレナリンサージの効果はGUを踏むと無効化される。







 

スポンサーリンク