LION・ライオン初心者ガイド。立ち回り、コツ、上手な使い方【R6S】

 

レインボーシックスシージ。

LION(ライオン)初心者ガイド。

立ち回り、コツ、上手な使い方をメモ。

 

・一部の武器はGIGNと同じもの。

・ショットガンとマークスマンはやや扱いづらい。

・動いている敵を探知できるドローンを使用できる(3回)。探知された敵は壁越しに赤色で表示。味方も見れる。

・姿勢を変える(しゃがみ、伏せ)、ADS、リーンでは探知されない。あくまで「移動」した場合のみ。

・ミュートのジャマ―の範囲内にいる敵は動いても探知されない。

・探知前のカウントダウンは動いても良いが、カウントダウン後の画面が揺れている状態で移動すると探知される。

・ヴィジルのクロークを使用されても動いていると探知できる。

・ラウンド開始直後に使用してリスキルのために飛び出す敵を探知できる。

・味方がディフューザーを設置している時にドローンを使う。ディフューザー設置を止めに来る敵の姿が映る。

・ディフューザー設置中にライオンのドローンを起動+味方にスモークを使わせる。煙越しでも姿が映る。ディフューザーを止めに来た敵を倒す。

・ジャッカルのアイノックスで敵の位置を特定した時にライオンのドローンを併用する。ジャッカルで位置を特定、動くとライオンのドローンで特定=動いても動かなくても位置を特定できる。敵1人を完全に追い込める。

・ライオンのドローン使用時にドッケビの携帯電話を鳴らすガジェットを併用する。敵から音が鳴り動けないので追い込める。

・味方が詰める時、自分が詰める時、味方のディフューザーを設置時、味方がスモークを使った時にドローンを使うと効果的。







 

スポンサーリンク