アウトブレイクとマルチのオペレーターの違い【R6S】



スポンサーリンク



 

レインボーシックスシージのアウトブレイク。

マルチプレイ・テロハント時との相違点、違いをメモ。

 

 

・変更点

・有刺鉄線、展開型シールド、ブリーチングチャージが別のガジェットに変更。

・ガジェットの所持数が一部変更。クレイモア2個、ニトロセル2個に変更。

・固有ガジェットの効果、所持数が一部変更。

 

 

・アッシュ

ブリーチング弾が3発に変更。

ブリーチングチャージがニトロセルに変更。

 

 

・イン

カンデラは味方影響しにくいように変更。味方視点では、食らうと一瞬だけ光る。

難易度パンデミックでは味方にもフラッシュの効果がある。

ブリーチングチャージがフラググレネードに変更。

 

 

・タチャンカ

ガジェットがクレイモアとスタングレネードに変更。

 

 

・カプカン

有刺鉄線がクレイモアに変更。

 

 

・ドク

有刺鉄線がインパクトグレネードに変更。

スティムが2発に変更。

 

 

・スモーク

固有ガジェットの毒ガスが2つに変更。

有刺鉄線がスモークグレネードに変更。

 

 

・バック

変更点なし。

スケルトンキーはガジェット扱い。弾薬箱からの補給は不可。

 

 

・グラズ

変更点なし。

 

 

・新兵

アウトブレイクで選べるオペレーターの一部の武器から選択。

ガジェットを2個持てる。

 







 

スポンサーリンク