【R6S】PS4版のエイムのコツ&撃ち合に勝つ方法を解説

スポンサーリンク

 

こんにちは。

今回は、PlayStation4版のレインボーシックスシージ(R6S)の上手なエイムのやり方と撃ち合いに勝つコツについて解説してみます。

特にPS4のR6Sは、テロハントのノーマル以外はエイムアシストがありません。

更にヘッドショットなら即死という仕様なので、エイムが下手だとあっという間に負けちゃいます。

 

 

・腰だめの時点で照準を合わせる

PS4版のR6Sは、スティックでエイムを合わせる必要があります。

細かい操作は本当に難しく、敵にエイムを合わせるのがやっと…という方が多いはずです。

(私もそうです。)

よくあるのが、ADSをしてから(L2を押して覗き込んでから)敵に照準を合わせるやり方すが…オススメしません

これを別の位置からADSして目標を捉えようとすると…スティックの操作が上手くない限りグダグダになっちゃうはずです。

私がオススメするのは、腰だめの時点でレティクルをある程度狙いたい位置に定めておくことです。

腰だめの時点で、狙いたい場所にレティクルを置いておけば、ADSしたときにすぐ目標を捉えられます。

 

・サイト選び

R6Sをプレイして1度は直面する疑問、それは…

「A-COGと等倍サイトはどっちの方が良い?」です。

一長一短なので、どちらが良い(強い)と断言することはできません。

個人的には、A-COGサイトに慣れておくことをオススメします。

現状、遠距離で撃ち合えるサイトはグラズのマークスマンを除くと、A-COGのみです。

(上手い人なら等倍サイトで遠距離も撃ち合えるが…。)

高倍率だと、等倍では見えにくい場所を狙い撃ちできます。

等倍とA-COGを両方使いたいんだよ!という方は、サブに等倍サイトを装備できるオペレーターを選びましょう。

攻撃側なら「スレッジ」「ヒバナ」、防衛側なら「エコー」が等倍とA-COGの2丁持ちが可能です。

等倍からA-COGに移行したいけど、慣れるか不安…という方は2丁持ちができるオペで練習すれば良い。

 

・物体越しにエイムする

何もない場所でエイムするより、物体越しにエイムをする方が強いです。

上手くやれば、敵からほとんど姿を見えず一方的に攻撃できます。

よくあるのは、爆弾防衛で爆弾越しにエイムする立ち回りです。

爆弾部屋から敵を狙うのに役立ちます。どのマップでも普遍的に使えるテクなので覚えておきましょう。

他にも、大統領専用機の荷物のスキマから階段を降りてくる敵を狙うポジション。

ヘレフォード基地の地下の荷物をインパクトグレネードで破壊すればスキマから階段を覗けるポジションなど。

いわゆる「強ポジ」と言われるポジションですね。

今回紹介したのは一例でしかないので、強ポジを見つけたらどんどん利用しましょう。

 

・伏せ撃ちは強いのか?

PS4版のR6S上級者と撃ち合うと、たまに伏せ撃ちを使ってきます。

伏せ撃ちとは、銃を撃ちながら伏せ状態になって敵のエイムを逸らす立ち回りです。

デフォルトのボタン配置で伏せ撃ちをするのはかなり難しいです。

恐らくですが、伏せ撃ちをする人のほとんどはPS4のボタン配置を変更してます

私も一時期だけ、〇ボタンとL1ボタンを変更してました。

ただし、伏せ撃ちは必ずしも強いという訳ではありません。

上手い敵だと伏せ撃ちで射線をずらしても当ててきます

また、伏せ状態になると左右のエイムが難しくなります

ボタン配置を変えて伏せ撃ちを使ってましたが…結局、デフォルトの操作に戻しました。

伏せ撃ちって使われると強く感じるんですけど、自分で使うと結構撃ち負けるんですよね…。

使うか使わないかは好みで決めて良いんじゃないかな。

 

・追記

アップデートで伏せ撃ちは弱体化されました。

 

・ヘッドラインを意識する

R6Sは、銃の威力や距離に関わらずヘッドショットが即死です。

頭に1発当てるだけで死亡なのでHP1だろうがいくらでも逆転できるゲームです。

つまり、他のFPSに比べてヘッドショットの重要度が高いです。

エイム中は、敵の頭が出てきそうな位置を予測します。

近くに味方がいるなら、頭の位置を予測するのに利用しましょう。

もしくは、テロハントでひたすら敵の頭の位置を覚える練習を繰り返します。

ヘッドラインに関しては、とにかく練習するしかないです。

 

【R6S】ヘッドラインの合わせ方を解説してみる

 

スポンサーリンク





Rainbow Six Siege
スポンサーリンク
Game Gold Base