ルーク初心者ガイド。立ち回り・コツ・上手な戦い方【R6S】



スポンサーリンク



 

レインボーシックスシージ。

ルークの初心者ガイド。

コツ・立ち回り・知っておくと役立つことをメモ。

r6s-rook-tips

ルークをマルチプレイで30時間以上使用。

 

・メイン武器はMP5を推奨。

・P90は威力が低い。ヘッドショットを狙う前提で使う。

・ショットガンが使われることは少ない。

・防衛側では数少ないACOGサイト装備可能なオペレーター。遠距離の撃ち合い、リスキルを狙うときに役立つ。

・足が遅い(スピード1)。リスキルに行くならアーマーを置いて補強を終えてから早めに移動する。

・ACOGサイトを活かして飛び出して遠距離から撃ち合える。

・ガジェットはインパクトグレネードが選ばれることが多い(印象)。

・外に飛び出す時はインパクトグレネードでバリケードを壊して奇襲、飛び出す場所にクレイモアがあるならインパクトグレネードで破壊する。

・壁の工事や開通にインパクトグレネードを1つ使って、残り1つは飛び出し用・クレイモア破壊用に残しておく。

・ルークはアーマーを設置できる。

・アーマーは胴体の銃のダメージを軽減。

・アーマーを装備していても頭部への銃撃(ヘッドショット)は1発でキルされる。

・アーマー装備中はヘッドショット以外の攻撃で体力が0になっても負傷状態になる。

・アーマー装備中は負傷状態で表示される死亡までのメーターの減りが遅くなる。

・エリア確保で延長戦になり、互いが負傷して我慢比べになった時はアーマーを着ていたら勝てる。

・1度負傷してから復活すると装備していたアーマーは消滅する。再びアーマーを装備できる。ただし、2度目の負傷はない。

・アーマーは敵も装備できる。

・アーマーの入ったパックは近接攻撃、銃の攻撃等で破壊できる。味方が装備しない、5人以下でラウンドが開始した場合、敵が近づいてきたら壊しておく。

・アーマーのパックをドローンが入ってくる穴に設置して通行を妨害する技がある。現在はできない?(※要検証)

・他のオペレーターよりも仕事が早く終わる。アーマーを置くだけ。

・アーマーを設置したら壁の補強(特に目標地点の上の落とし戸)、インパクトグレネードの工事、ドローンが来そうな場所に待ち構えてドローン破壊。

・ラウンドが始まったらアーマーを置くのを忘れない。他のオペレーターの操作に慣れていると置き忘れることがある。

・アーマーに黄色ピンを立てて味方にアーマーがあるのを伝えると良い。







 

スポンサーリンク