【R6S】カベイラの立ち回りを初心者向けに解説

 

こんにちは。

この記事では、レインボーシックスシージ(R6S)のオペレーター「カベイラ」の立ち回りを初心者向けに解説。

 

 

・私の実力

解説記事を書くぐらいなので、自分がどのぐらいの腕前なのか晒しておきます。

プレイ時間234時間、マッチプレイ回数903回、キルデス比1.43です。

キルデスは、カジュアルしか行っていないので参考程度です。

ランクマなら1.0ちょうどぐらいに収まると思います。

カベイラ単体の成績だと、キルデス1.8、勝率1.2です。

ハマってから10時間ぐらい使って飽きましたね(笑)

まぁ…R6Sは中級者程度の実力ですね。

その辺りを踏まえて、読んで頂けたら幸いですm(__)m

 

・カベイラ武器を解説

まずカベイラの武器を解説していきます。

M12

カベイラ専用のサブマシンガン。

ACOGサイトを装備できないので、等倍に慣れていない人はキツい。

 

SPAS-15

驚異的な連射速度を誇るショットガン。

ただ、所持段数が少ないので…撃ちまくっているとすぐ弾切れになります

 

ルイソン

「威力99って最強じゃね?」と勘違いしないように。距離減衰があるので、よほどの近距離でない限り…99なんてダメージは入りません。

あくまでも負傷用の武器なので、撃ち合いになったらメイン武器に切り替えるべき。

 

ガジェットは、インパクトと有刺鉄線の2種類。

どちらが良いかは次の項目で解説します。

 

・武器とガジェットの組み合わせ

私が使っているのは2通りの組み合わせです。

①「SPAS-15」+「ルイソン」+「有刺鉄線」

②「M12」+「ルイソン」+「インパクトグレネード」

M12と有刺鉄線の同時持ちだと、落とし戸を壊せないので避けてます。

装備のどれかに落とし戸を破壊できるものを入れておくべきですね。

味方が落とし戸を壊してくれるなら、有刺+M12はアリですね。

 

・立ち回り(準備フェーズ)

真っ先に上のフロアの補強に行きます。

カベイラは有刺鉄線以外は特にガジェットを配置する必要が無いので、上の補強に行きましょう。

準備フェーズでも、移動する時はサイレントステップを使うことをオススメします。

サイレントステップ中は、足跡が残らないので、ジャッカルの感知を防げます。

 

・立ち回り(アクションフェーズ)

目標エリアに籠るのではなく、遊撃に出るのがほとんどです。

敵が5人残っている状態で尋問をすると失敗しやすいので、すぐに殺してますね。

敵の数が3人4人まで減って、負傷後すぐに敵が来なかったら尋問してます。

迷ってしまったら殺しましょう。一番ダメなのは、負傷状態の敵の尋問に失敗して、敵が蘇生されることです。

インパクトグレネードで通路を作ったり、ショットガンで落とし戸を壊して縦横無尽に動き回れるように工夫するのがコツ。

そのためには、マップの把握が必要不可欠。

 

・フロストとの組み合わせが強い

カベイラは負傷状態の敵を尋問できます。

フロストなら、マットにひっかけて敵を負傷状態にできるので相性が良い(?)かも。

 

・まとめ

解説記事を書いてからこんなことを言うのも何なのですが、カベイラはほどんと使ってません。

尋問をしようとしたら敵にキルされたり、尋問で位置を特定した後に味方が突っ込んで死んだり…正直、尋問のリスクとリターンがあまり釣り合ってない?と感じます。

時間稼ぎという意味で言えば…強いんですけどね。

個人的には、同じスピード3ならイェーガーやバンディットの方が安定してます。