【R6S】フロストの立ち回りを解説。バレにくいマットの場所

 

こんにちは。

今回は、レインボーシックスシージのオペレーター「フロスト」について。

ガジェット「ウェルカムマット」をバレにくい場所に置く方法を紹介と立ち回りをメモ。

 

 

・みんながやっているフロストマットの位置

まずはみんながやっているであろうフロストマットの場所を紹介しておきます。

まぁ、大抵の方は知っていると思うので、必要ない人は飛ばしてください。

 

・有刺鉄線+フロストマット

ほとんどのフロストがやっていますね。

有刺鉄線でマットを見えにくくする合わせ技です。

 

・展開型シールド+フロストマット

展開型シールドでフロストマットを隠して、飛び越えてきた敵を罠にはめる組み合わせです。

が、有名なので、上級者はまず引っ掛かりません。

飛び越えている最中に、下にエイムして銃撃すれば壊せます。

シールドと壁に隙間ができると、間から撃たれて壊されるので注意。

 

・ドアの前、窓の前

ドアの前と窓の前もよく使われますね。

ドアは地面が見えるので壊されやすいです。

まだ窓の方が乗り越える動作が必要なので、バレにくいと思います。

が、どちらも上級者はまず引っ掛かりません。

 

・(個人的に)強いと思う位置

先ほど紹介したフロストマットの位置はかなり有名な場所なので、皆やってますね。

なので、少しひねりを加えた、私のオススメの場所を紹介していきます。

 

・落とし戸の真下

落とし戸の真下にフロストマットを設置すると強いです。

理由は、落とし戸が壊れたときの木材の破片でマットが見えにくくなるからです。

落とし戸の材質によって隠れ方に違いがありますが、ほぼ見えないぐらいまで隠すことができます。

画像はクラブハウスの最上階です。

 

・地面と同化させる

フロストマットの色は黒色なので、同じ色の床があるフロアに設置するとバレにくいです。

影で暗くなっているところもバレにくいので、強いですね。

逆に、白い床だとバレやすいので注意。

 

・バリケードの破片でマットを隠す

バリケードの近くにマットを置くときに、そのままだとバレやすいので、1度バリケードを壊します

すると若干ですが…バリケードの破片でマットが見えにくくなります。

まぁ、気休め程度だと思ってください。

 

・壁を壊してマットを隠す

壁を破壊したときの残骸でマットを隠します。

ただ、壁を破壊するとなると装備がショットガンになりますね。

敵に破壊された壁に注意を向けさせることができるので強い…かもしれません。

バリケードや壁の破片は同期ズレ(見え方が違う)があるので、敵からどう見えているかは分かりません。

 

・有刺鉄線で敵のルートを制限

2つにルートが分かれている場所の片方を有刺鉄線で行けないようにして、もう一方のルートにマットを置く戦術です。

敵が変わった立ち回りをしない限り、マットの方に流れてくれるので引っ掛かりやすいですね。

ただ、フラグやブリーチング弾で有刺鉄線を壊されるとキツいので、味方にイェーガーがいると助かります。

 

・上り階段の踊り場

上り階段の中間地点である踊り場のマットが強いですね。

上り階段での立ち回りは、自然と上へのエイムになるはずなので、足元の警戒が緩くなりがちです。

階段を登りきったところも強いですね。

 

・2枚置き

窓際に1枚だけ設置すると、乗り越えている途中に撃たれて破壊されてしまいます。

ですが、2枚設置なら乗り越えている途中ですべて破壊することができません。

フラグなどで壊されない限り、敵の侵入を阻止することができます。

 

・物陰に設置

意表を突いて、乗り越えられる小さな物体の裏側に設置するのがオススメです。

正面からだと、ほぼ見えないです。

が。裏側や側面に移動されるとバレます。

 

・人質のまわりに設置する

フロストマットは、エリア確保や爆弾解除だとフューズのクラスターチャージで破壊されることがあります。

が、人質のまわりならクラスターチャージを食らう心配が少ないので強いですね。

ルートが分かれているなら、有刺鉄線で制限してあげるのもアリですね。

 

・飛行機のマットの場所

ステージ「大統領専用機」の2階会議室守りになったときは、いつも同じ場所に配置しているので紹介しておきます。

ひとつ目は、2階キッチンの上り階段の扉から入って右の壁と冷蔵庫の間です。

ここに侵入してくる敵がリロードを挟んだり、ドローンを操作する時に高確率で安全なポジションである壁と冷蔵庫の間に入ります。

もうひとつは、2階正面廊下です

直線での戦いになるので、敵はできるだけ物陰に隠れようとします。

先ほどの画像から見て、2個目のソファーの裏側にマットを置いておけば、敵が隠れようとしたときに引っかかってくれます。

 

1階倉庫を守るときもフロストを使うと強いですね。

侵入してくる敵は、入って右に流れてディフューザーを設置することが多いので、マットを置きましょう。

私は左にも置いてます。

残りのひとつは、2階後方階段を下りて右の見えにくいところに設置してます。

地面が黒なので識別しにくく、階段を下りた敵がたまに引っ掛かってくれます。

 

・山荘の草の中

ステージ「山荘」の草の中にマットを設置すれば、バレにくいです。

1階のダイニングルームの防衛のときに、S側の入り口の両側の草の部分に配置しています。

完全に隠すことは難しいですが、かなり見えにくいです。

エリアに入って左にも草があります。重点的に守るならこの3か所が強いです。

角でショットガンを持てば鬼に金棒です。

ちなみに、1階娯楽室前廊下にも草があります。

ただ、先ほど紹介した草の中よりも見つかりやすいです。

 

・夜の方が見つかりにくい

R6Sでは、時間帯が昼と夜に分かれています。

当たり前ですが、「昼は明るい」「夜は暗い」です。

上の2つは、同じ場所にウェルカムマットを設置して、昼と夜で比較した画像。

夜の方が見えにくいのが一目瞭然ですね。