【R6S】クレイモアを置く場所、防衛側の立ち回り



スポンサーリンク



 

クレイモアを置く場所、防衛側の立ち回りをメモ。

 

 

・クレイモアって何?

攻撃側が持てるガジェット。

設置後に赤いレーザーが出る。

触れると爆発する。

裏どり対策や、飛び出した敵を狩るのに使われる。

 

・誰が持てる?

クレイモアは、ツイッチテルミットサッチャーカピタオグラズが持てる。

ただ、ガジェットはアップデートで変更されることがあるので注意。

次にクレイモアの使い方とおすすめの設置場所を紹介する。

 

・階段を上がった先

階段を上がった先にクレイモアを設置すると引っ掛かりやすいです。

裏どりされたくない場所の階段に置こう。

なぜ階段を上がった先が良いかというと、クレイモアが見えにくくなるからですね。

 

・ドローン穴

ドローンの穴にクレイモアを置くと、建物内の敵をクレイモアでキルできます。

建物内から見るとこんな感じ↑

 

・飛び出し警戒

ラぺリングしている味方を倒すために飛び出してくる敵を逆に狩ります。

敵がどこから飛び出してくるかを予測して設置するので、マップの理解が必要不可欠。

 

・巻き込みやすい置き方

飛び出した後の敵の動きを予測してクレイモアを置きます。

バリケードが複数ある場合は、全部ひっかかる様に調整します。

飛び出し後の敵の動きを想定するのがコツ。

 

・防衛側の立ち回り

・バリケードは下を割る

飛び出す前に、バリケードの下の部分を確認して赤いレーザーが出ていないか確認しましょう。

間違っても、いきなりバリケードを破壊して飛び出さないように。

 

・イングレかC4で壊す

クレイモアの角度によっては、銃で壊すのが難しい場合があります。

モタモタしていると飛び出すのに時間が掛かるので、インパクトグレネードかC4で壊すと手っ取り早いです。







 

スポンサーリンク