【R6S】ミラの立ち回り・使い方を解説

 

こんにちは。

今回はレインボーシックスシージ(R6S)のミラの立ち回りと使い方を解説します。

 

 

・ミラとは?

DLCで追加されたスペインのオペレーター。

アーマー3スピード1のヘビーなオペ。

内側からは見えるが、外側からは見えないミラーを2つ設置できる。

 

・慣れない内は選ばない方がいい

初心者の人はミラを使わない方がいい。

設置場所を間違えたら、役に立たない。

下手をすると、敵にブラックミラーを利用されるリスクもある。

初心者の内は、「ルーク」などの複雑な操作が必要ないオペレーターをお勧めする。

ルークならアーマーを置くだけで終わり。いるだけで味方の援護になる。

 

・ミラのおすすめ武器

武器は「ベクター」+「ショットガン」+「ニトロセル」の組み合わせがおすすめ。

ベクターは、威力が低いのが難点。あとA-COGを装備できないのが辛い。

メイン武器のショットガンは、強いのですが…ミラのガジェットとの相性が悪いので使いませんね。サブ武器のショットガンをオススメします。

サブ武器のショットガンは、壁の穴開け要員として使われることが多い。

ガジェットはニトロセルがおすすめ。ミラのガジェットとの相性が良い。

 

・ミラの使い方

強化された壁や破壊可能な壁に設置できる。

強化された壁に設置するときは、表側(補強をした側)でないと設置できない。

裏側(アンカーが表示されている方)にはブラックミラーを設置できないので注意しよう。

次にミラの立ち回りを解説する。

 

・ブラックミラー+横を穴あけ

強化された壁にブラックミラーを設置して、真横にショットガンや近接攻撃で穴をあける。

敵を視認したら、そのまま横にスライドして撃つだけ。

別の方法ならこんな穴あけの方法もある。

ステージの形に合わせて工夫しよう。

 

・ブラックミラー+上を穴あけ

強化された壁にブラックミラーを設置して、隣の壁の上の部分に穴をあける。

敵が見えたら、上の穴からニトロセルを投げる。

オレゴンの地下守りでよく使われる戦法。

 

・同じ位置に2個設置

2枚の壁を補強して、両方ともブラックミラーを設置します。

開放した部分以外は銃弾を防げますね。

が、敵から開放した部分を撃たれて、ヘッドショットを食らうことがあるので…諸刃の剣ですね。

 

・バンディットと組み合わせる

ブラックミラーの破壊を阻止するために、バンディットと組み合わせると強いです。

強化された壁に電流を流してもらうだけ。

ミュートのジャマ―でも代用できますね。

また、ヒバナのペレットを撃ち込まれても、銃で撃つか殴れば破壊できる。

 

・敵にミラがいるときの対処法

一応。敵にミラがいるときの対処法を書いておきます。

・ツイッチのショックドローンのテーザーでブラックミラーの内側にある赤い棒を撃てば、ブラックミラーを開放できる。

・サッチャーのEMPで、バンディットのショックワイヤーを破壊して、ヒバナのペレットをブラックミラーに撃つ