【R6S】ミュートのコツを初心者向けに解説。ジャマ―の場所、立ち回り

 

こんにちは。

今回は、レインボーシックスシージ(R6S)のオペレーター「ミュート」のジャマ―の場所と立ち回りを解説します。

 

 

・ミュートの武器とガジェット

ミュートのジャマ―と立ち回りを解説する前に、武器とガジェットの解説をしておきます。

MK5K

使いやすいサブマシンガン。

ACOGサイトを装備できないのが辛いですね…。等倍サイトが苦手なのでほとんど使ってません。

武器としての強さは十分だと思います。

M590A1

高威力のショットガン。

連射速度が遅いので、外すとキツいが…近距離で命中させればほぼ確定キルが奪える。

私は等倍サイトが苦手なので、ショットガンを持ってエリアに籠る立ち回りですね…。

P226 MK25

標準的なハンドガン。

これ以外のサブウェポンがないので他に選択肢がないですね。

ガジェット

ニトロセルと展開型シールドの2択。

 

・武器選び

エリアに籠って近距離で戦う立ち回りならショットガン。

遊撃に出たり、リスキルを狙うならサブマシンガンがおすすめ。

ガジェットは、特に理由がないならニトロセルの方が良いですね。

ただ、ミュートは、SASの中で装備が貧弱なイメージが拭えないですね…

スレッジとスモークはサブのSMGが強いですし、サッチャーはメイン武器が3種類あるなど…ミュートはキツいですね…。

 

・補強壁やキャッスルのバリケードを組み合わせる

補強壁やキャッスルの強化バリケードがある場所にジャマ―を置くと強いです。

強化壁の隣におけば、テルミットのヒートチャージやヒバナのランチャーを無効化できます。

キャッスルのバリケードの近くに置けば、ブリーチングチャージやアッシュのブリーチング弾を無効化できます。

ただ、バンディットの「餅つき」はできません。

窓際のバリケードの前にジャマ―を置けば、フューズのクラスターチャージ対策になります。

 

・撃たれにくい場所に置く

道のど真ん中に置いたり、バリケードの真下に設置すると銃で壊されやすいです。

少し場所をズラすだけで、見えにくくなります。

画像のように、場所を左右のどちらかにズラします。

正面からはジャマ―が見えなくなりました。

かなり横から覗き込まないと破壊できません。

 

・落とし度の破壊を防げる

ミュートのジャマ―は、上にもジャミングが適用されます。

それを利用して、テーブルや台の上にジャマ―を置いて、上のフロアの補強壁の破壊を阻止できます。

 

・オレゴン

例として「オレゴン」を紹介します。

地下守りのときに、テーブルの上にジャマ―を置けば上のフロアの補強壁の破壊を防げます。







 

スポンサーリンク