【R6S】カジュアルで見かけた面白い戦い方(舐めプ)を紹介

スポンサーリンク

 

こんにちは。

今回のテーマは、レインボーシックスシージ(R6S)のプレイ中に見かけた面白い戦術を紹介します。

野良の人がカジュアルでふざけてやっていたものです。ランクでの使用は控えた方が良いと思いますが。

 

 

・ルークのアーマー外置き

カジュアルで野良のルークの人が中々アーマーを置かないので、黄ピンでマークを出しても反応なし。

だが、準備フェーズが終わった瞬間、外に飛び出してアーマーを配置。

同時に、味方のフロストがルークのアーマーのまわりにフロストマットを配置していました。

当然、引っ掛かる敵はいませんでしたが…(笑)。

 

・フロストマット外置き

戦略のひとつとして使えない…こともないのですが…。

当然、敵にはフロストが外に出ていることが通知されるので、バレます。

 

・ハンマー舐めプ

スレッジのハンマーで敵を殴り殺すことができます。

舐めプ?というよりは一種のプレイ見たいもんですね。

負傷している敵をハンマーで殴り殺す場面をよく見かけます。

さすがに動いている敵をハンマーで倒すのは難しいですが、何回かやっているところを見たことがあります。

近接武器より時間がかかるし、当てるのが難しいので…うん、実戦ではまず使えません。

 

・フラグ自爆

フラグを抱えたまま自爆して敵を巻き込んで殺す戦法。

フラグはピンを抜いてから4秒ほどで爆発します。

それまでに敵に近づいて…ドカン。

普通の試合ではまず使えません。負傷状態の敵なら何とか巻き込めるけど。

舐めプの一種なので、マネしないように。

 

・ドクで敵を蘇生

防衛でドクを選んで、負傷させた敵を蘇生させている人がいましたね(笑)。

ドクのスティムピストルは、敵にも効果があります。

なので、ダウンさせた敵を蘇生させて再び殺すという舐めプをする人がたまーにいます。

スポンサーリンク





Rainbow Six Siege
スポンサーリンク
ゲーメモ Game-Memo