バトルのコツ、覚えておくと便利なコマンド【龍が如く極2】



スポンサーリンク



 

 

・基本的な動き

□ボタンでコンボを繋ぎ、△ボタンで強攻撃に繋げるのが基本。

〇ボタンで敵を掴む。続けて〇を押すと投げる。

 

 

・L1で持ち変える

敵を〇ボタンで掴んだ後、L1ボタンで位置を前後に切り替えられます

正面から掴んだ後に使えるヒートアクション(殴りかかってくる敵を持ち上げて落とす技)は長くて面倒。

後ろから掴んだ状態で使えるヒートアクションは敵を投げつけるだけで終わるので早くて楽。

他にもL1で位置を切り替えると動きが変わるヒートアクションがある(壁に頭をぶつける等)。

 

 

・敵を落とす

龍が如くシリーズお馴染みの技。今作でも健在。

蒼天堀の橋の上、グランドの2階、ビルでの戦闘などで使える。

余談だが、蒼天堀の橋の上から落とすとたまに屋形船の先端にお尻が刺さるヒートアクションになる。

 

 

・チャージ攻撃

□長押し、△長押しでチャージ攻撃ができる。

(龍が如く0と極の壊し屋スタイルに似ている。)

△チャージ攻撃は飛び蹴り、走りながら△チャージ攻撃はかかと落としになる。

□チャージ攻撃は強い横殴り。

チャージ攻撃は敵のガードを崩して攻撃に繋げるのに便利

また、攻撃の途中でチャージ攻撃を挟んだり、チャージを保ったまま攻撃できる

△を長押ししたまま、□でコンボを繋いで△を離して飛び蹴り…など。

 

 

・アルティメットヒートを使いこなす

ヒートゲージが満タンになればR2ボタンでアルティメットヒートを使えます。

アルティメットヒート中は普段は持てない重いもの(オートバイなど)を持ち上げられます。

また、ものの近くに行くと自動で持ち上げる(0、極みの壊し屋と同じ)ようになる。

L2ボタンを押し続ければ、自動でものを持ち上げるのをキャンセルできる。

素手でアルティメットモードを続けたいならL2ボタンを押し続けると良い。

ただし、L2ボタンはヒートアクションの発動もキャンセルされてしまうので、適当な場面でL2を離すと良い

敵を全員倒し終わったらR2ボタンでアルティメットヒートモードを終了できる。

ヒートゲージの節約になるので覚えておくと良い。

 

 

・フィニッシュホールドを使いこなす

(※能力の習得が必要)

敵を殴った後にすぐ〇ボタンを押すと流れるように敵を持ち上げて攻撃できます。

周りに敵が多い状況で特に有効。

ただし、龍が如く6でも同じだったが壁や障害物に引っかかるとモーションがキャンセルされる。

 

 

・虎の対処法

ストーリーの途中と地下闘技場で虎との戦闘になります。

虎はヒートアクションが効かないので注意。

突進と引っかき攻撃が主なので、動きを覚えれば対処できる。

△チャージで動きならがかかと落としを繰り返すのがおすすめ

 

 

・武器の節約

拾った武器でヒートアクションを行うと壊れます。

武器の残りの使用回数に関わらず壊れてしまうので注意。

残り回数が少なくなるまで使い込んでからヒートアクションで使い切るのが上手な使い方。

 

 

・回復を準備する

龍が如く極2ではドリンク以外にも回復アイテムがたくさんあります。

コンビニの弁当や蒼天掘のたこ焼きがおすすめ

不安ならたくさん買い込んでおけば安心。

 

 

・アイテムを活用する

ワークス上山で最強武器が購入可能、用心棒ミッションを最後までクリアすればヒートゲージ自動回復アイテムが貰えます。

アイテムを活用すればゲームバランスが壊れるほど強くなります

どうてもバトルが苦手な人、戦うのが面倒な人は使ってみると良いかもしれない。

ただ、最強系アイテムを使うと一気にゲームがつまらなくなるので私は使いませんでしたが…。







 

スポンサーリンク