PS4 Shadow of Loot Boxをプレイしてみた。ガチャを引く楽しみを味わえるFPSゲーム。評価・感想・レビュー

スポンサーリンク

PS4 Shadow of Loot Box(シャドウ オブ ルート ボックス)をプレイしてみました。

PS4 Shadow of Loot Boxをプレイしてみた シャドウ オブ ルート ボックスをプレイしてみた PS4からブロードキャスト
(管理人のゲームプレイ動画)

どんなゲーム?

ルートボックス(Loot Box)を引く楽しみを味わえる、FPSゲームです。

城を謎解きで進むステージ、村でクエストをクリアするステージなど、様々なタイプのステージがあります。

このゲームの特徴は、ルートボックス(いわゆるガチャ)がモチーフである点です。

ゲーム内では「戦利品ボックス」という名称で、開封するとランダムで3つのアイテムを入手できます。

敵の見た目がルートボックス、クエストの報酬もルートボックス、ゲーム内のお金でルートボックスを買うなど…ルートボックスを引く機会がたくさんあります。

これには理由があり、現代のゲームのルートボックスのシステムを皮肉った意味があります。

(ゲームの紹介ページには「皮肉に満ちたゲーム」との表記があります。)

ゲーム内のお金($)を使ってルートボックスを引ける点は、ルートボックスを引くために多額のリアルマネーを課金をするのを皮肉ったような印象でした。

(※実際にゲーム内のルートボックスを引くために、リアルマネーを支払うことはありません。)

ガチャやルートボックスを開ける快感を疑似的に味わえる、一風変わったFPSゲームでした。

操作

左スティックで移動、〇ボタンで調べる、☐ボタンでスキル画面を開く、Xボタン/L2でジャンプ、R2で撃つ、十字キーで武器変更です。

ゲーム序盤は、一部のアクションは行えず、☐ボタンでスキルを取得する必要がありました。

銃を撃つアクションも、序盤のステージをクリアして銃を入手する必要があります。

また、銃のADS(武器のサイトを覗く)動作は存在せず、視点を合わせて覗かずそのまま撃つ形式です。

ルートボックス(戦利品)はいくつあってもいいものだ!

『Shadow of Loot Box』はマイクロペイメント、ルートボックス、カットシーンコンテンツなど、現代的なビデオゲームで我々が「大好き」な要素をテーマにしたファーストパーソンシューティング。もしあなたが他のゲームでルートボックスが少なすぎると感じたことがあるなら、これこそあなたにとってうってつけのゲーム!



皮肉に満ちたゲーム!

『Shadow of Loot Box』は近未来にビデオゲームがどのようなものになっていくか、という可能性を提示する試みでもある。このシューティングの各レベルは、現代のゲーム業界の主なトレンドをモチーフにしている。ゲーム内購入のストアの誘惑に耐えて、マイクロトランザクション、ルートボックス、そしてバグに満ちた困難な道を乗り越えることができるだろうか?



16のレベルを突破し、手ごわいボスを撃破しよう!

16の独特なレベルでは、様々な環境と4種類の手ごわいボスがあなたを待っている。自動生成されるクエストはあなたを飽きさせることはない!

引用元:https://www.jp.playstation.com/games/shadow-of-loot-box-ps4/

PSstoreのセールで、600円ほどで購入できました。

セールのときに買えば、定価の1,000円を切る値段で買えるのでオススメです。

その他
スポンサーリンク
フォロー
GGB
タイトルとURLをコピーしました