ダクソ&ブラボな無料2Dゲーム「Shrouded in Sanity: Freebirth」をプレイしてみた。死にゲー×ベルトアクション

スポンサーリンク

Shrouded in Sanity: Freebirthをプレイしてみました。

ダークソウル&ブラッドボーンな雰囲気の2Dゲームです。

Steamで無料配信中です。

どんなゲーム?

Shrouded In Sanity Freebirth 初見プレイ PC Steam
(管理人のゲームプレイ動画)

難易度の高い、死にゲー2Dアクションゲームです。

画面がスクロールする(ベルトアクション)ゲームです。

ダークソウルやブラッドボーンを意識した印象が強いです。

スタミナゲージ、ガードやローリング、回復のシステム、ゲームの難易度など、似た点がいくつかあります。

銃を使える点、倒した敵から血を得るなど、ゲームの全体的な雰囲気はブラッドボーン寄り(?)でした。

(序盤のステージ。油断すると瞬殺されます。)

序盤のメイド服の敵ですら、1回攻撃を受けると体力の1/4を持っていかれます。

とにかく雑魚敵が強く、特に序盤はきつい印象です。

攻撃ゴリ押しが通じる場面は少なく、ヒット&アウェイやガードを駆使して戦います。

本家ダークソウルと同じような、スタミナ管理をしながらのシビアな戦闘を楽しめます。

Steam

Skautfold: Shrouded in Sanityは有料。

Shrouded in Sanity: Freebirthは無料です。

気になる方は無料版のShrouded in Sanity: Freebirthをオススメします。

その他
スポンサーリンク
フォロー
ゲームブログ(仮)
タイトルとURLをコピーしました