難易度の違い、おすすめの難易度【Skyrim】

スポンサーリンク

 

ストーリーをNormalでクリア(たまにEasy)、レベルが40を超えたあたりでHardに切り替えて冒険しました。

一応、各難易度でプレイした経験から、ざっくりと印象を書いてみる。

 

 

・難易度の違い

難易度の違いによる差はWikiの解説が分かりやすいです。

難易度 与ダメージ 被ダメージ 備考
Very Easy 200% 50%
Easy 150% 75%
Normal 100% 100% 全ての難易度で与ダメージに関しては召喚した味方、従者、衛兵にも適用される。
Hard 75% 150%
Very Hard 50% 200%
Legendary 25% 300% 遠距離攻撃で敵を倒そうとするとフィニッシュムーブが発動しても倒しきれないことがある。

引用元:Xbox360/PlayStation3「The Elder Scrolls V:SKYRIM」日本語版wiki – FAQ(よくある質問)

 

 

・おすすめの難易度

おすすめはEasy、Normal、Hardのどれか。

Normalが物足りないならハード、NormalでヌルゲーならEasyに変更すると良い。

 

 

・各難易度の印象

・VeryEasy

超ヌルゲーになる。

普段のプレイで使うことはほぼなかった難易度。

重装・軽装・防御のスキルを上げで巨人に殴られるときに使った。

 

 

・Easy

Normalで冒険中にどうしてもクリアできない場面に遭遇したら使っていました。

VeryEasyほどではないが、かなり簡単になる。

個人的にEasyはサクサク進み過ぎて飽きが早くなるのでほとんど使いませんでした

 

 

・Normal

デフォルトの難易度。

Normalで冒険して物足りないならHard、難しいならEasyに下げると良い

Normalは序盤は少々キツい場面があるが、後半はレベル・装備・回復が整ってくるので物足りなく感じる。

 

 

・Hard

Normalで物足りなくなった時・ストーリー後半やクリア後のマンネリ解消に。

クリア後の冒険は全部Hardでプレイしてました。

腕のある人なら序盤でHardを選ぶと楽しめると思う。

 

 

・VeryHard

HPがゴリゴリ減る難易度。

強い敵だと数発でKOされるマゾゲーになる

スキル上げの時にVeryHardに設定して、馬をひたすら殴りまくるときに使える。

スポンサーリンク





Skyrim
スポンサーリンク
ゲーメモ Game-Memo